地球最期のニュースと資料

In Deep

「 2018年 」 一覧

中国が「人口減」に直面していたという衝撃

中国の人口が減少に転じたことを報じるロシアのメディア ・minsknews.by   中国で起きていた「歴史的な出生数の減少」 ・AFP / WANG ZHAO ロシアのメディアを眺めていま ...



狂気じみていた2018年から、確定的なカオスの時代の2019年へ

ロシア・ダゲスタン共和国のマハチカラで撮影された光柱 ・David de Zabedrosky   街の風景からお正月らしさはどんどん消えていっていますけれど、それでも 12月31日というの ...

クリスマス直前に400年ぶりに地球に最接近した奇妙な形の直径1.6キロメートルの小惑星。そして、天体の衝突の時代がさらに近づいていることを予見させる最近のさまざまな出来事

12月22日にNASAが撮影したヘンな形の小惑星「2003 SD220」 ・NASA   最近はクリスマスといっても、何だか街の風景にもそんなにその雰囲気がない感じが年々強くなっている気がし ...



アメリカで「太陽の光を遮断して気温を下げる」というジオエンジニアリング実験が本当に開始されようとしている。地球への影響は未知数

2018年12月5日のアメリカの科学メディアの報道より ・popularmechanics.com   昨日(12月14日)、最新のメルマガを発行させていただきました。タイトルは「太陽が人間 ...

太陽活動と人類活動の「リンクが切れた」地球…。暴動は、戦争は、市場は…?

2018年12月7日 フランス・パリの凱旋門前 ・dailynews.lk 同じ頃、イスラエルでは「女性への家庭内暴力の蔓延」に抗議するデモが拡大 ・presstv.com   今、わりと世 ...



「半分、黒い。」 : 磁気を噴出するコロナホールが太陽の大部分を占める異常な状態が「定着」し、人類が太陽からどんな影響を受けるのかがもはや分からない

太陽観測衛星から撮影された12月6日の太陽。ほとんど半分黒いのです ・NASA / SDO   太陽が「本格的におかしい」と多くの人が感じ始めていたことを記事にしたのは、今年 5月の以下の記 ...

長野県の異常な群発地震を辿っていくと、それは熊本から始まった「地震の中央構造線上の移動」がフォッサマグナにまで達したことに気づきまして

・フォッサマグナ - Wikipedia 今現在、長野県で「やや異常な感じもする群発地震」が発生していることをご存じでしょうか。今回は、そのことを少し書かせていただきます。   長野県で、1 ...



全部が「まっぷたつ」になる寸前の世界で : 感染症のように伝染していく対立と分裂の中で、人々はどこまで割れていくのだろう

11月18日の報道より ・eastasiaforum.org 新約聖書「マタイによる福音書」 24章 06節 民は民に、国は国に敵対して立ち上がり、方々に飢饉や地震が起こる。 しかし、これらはすべて産 ...

洪水伝説の再来 : アラビア半島を中心とした中東地域の過去1ヶ月の雨量と洪水発生数が観測史上最大に。そこからふたたび思う「黙示録の時代」

11月15日 砂漠に「水上の宮殿」が出現したサウジアラビア・メッカ ・Muzaini   気づけば2日ほど更新が開いてしまいました。相変わらず、ちょっとした移動をしている途中でして、広大なサ ...



そこで何かが進行しているのか? : アメリカのサンアンドレアス断層上で「1日に39回連続した地震」が発生。同時に「断層上を移動するシンクホール」という不思議な事象が出現中

・theeconomiccollapseblog.com   今年 2018年は、このブログを始めてからのどの年よりも「サンアンドレアス断層とカスケード沈み込み帯」での地質的な事象が多い年で ...

宇宙線レベルが「観測史上最高」を記録している中で起き続ける地質的異変……。日本の中央構造線で三連続した地震、あるいは米西海岸のカスケード沈み込み帯で三連続した地震

昨日(10月27日)、決して大きな地震ではないですが、下の場所で「1日のうちに3回連続して地震が発生していた」ことに気づきました。   さまざまなところで起きている地質的な活動の兆し 冒頭の ...



虹が神と人間の契約なら雹(ひょう)の意味は? 皇居にかかった二重の虹と、ローマに降り落ちた異常な雹嵐を見て思う、最近の自然を介した示唆

2018/10/23    , , , ,

10月21日 異常な雹嵐に見舞われたイタリアの首都ローマの光景 ・facebook   皇居の上空に「二重の虹」が出た日から この世にはいろいろな自然現象がありまして、その中には美しいものも ...

南極の氷床に流れる謎の音、南極で検知された物理学では理解できない未知の粒子…。最近次々と多彩なことが起き続ける南極で次は何が?

南極の棚氷の中から「奇妙なノイズ」が鳴っていることを報じるアメリカの科学メディア ・EARTHER 本日 10月19日、メルマガ第9号を発行させていただきました。タイトルは「フッ素を体内から排出して脳 ...



アメリカで混乱を引き起こしている「鳥たちの衝突」に「地球磁場の崩壊が進行している」ことを思いつつ、そして、虫も鳥もクジラもいなくなるこの世を考える

米国ミネソタ州での鳥の衝突を報じるCNN ・CNN 本日 10月12日に、In Deep メルマガの第8号を発行させていただきました。タイトルは「《数に支配される》過去2000年の人類史は、うお座の時 ...

「地球の破壊の局面」を強く想起させる、アメリカ史上最強のハリケーンが描く地獄絵図

今日は、他のテーマで記事を書いていたのですけれど、10月11日に、アメリカのフロリダ州に接近し、そして上陸した「マイケル」という名のハリケーンの被害が(まだ被害の最初期の段階なのに)すさまじく、それを ...



2018年夏の黙示録的な光景を複雑な太陽ハロを眺めながら思い出す

米アリゾナ州に出現したダストデビルと太陽(テューバ・シティ 09/16) ・vk.com 最近、3日間ほど私用でわりと大きな移動をしていたことを、記事「人工甘味料の「身体破壊の威力」がまたも明らかに… ...

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.