地球最期のニュースと資料

In Deep

「 2018年 」 一覧

その後唐突に黒点数が急増する太陽。その太陽と宇宙線の関係は奇妙なままで…。そんな中で、あちこちで起きる不思議ないくつかのこと

5月21日 ノルウェー・オスロ空港の航空機内から撮影された「X」 ・spaceweather.com 5月23日 ベルギー・スコーテン上空に出現した「渦」 ・Weerstation Zoersel & ...



あまりにも大きな「太陽系の変化」に唖然とし……。もうすぐ「月には大気が形成され」、「太陽の縁からは1000%増加したプラズマ光がやってくる」中で、私たちはどうなるのか?

2018/05/21    , , , , ,

それは惑星Xあるいはニビルと呼ばれる曖昧な存在と関係するものなのか? 5月21日のロシアの報道メディアより ・earth-chronicles.ru 現在の天文学で考えられている「惑星X」の影響の可能 ...

春の夜のメンタルや認知症や33度線などの混沌雑記

2018/05/19    , ,

5月18日 南米チリのサンタクルス(33度)で空から降ってきた何か ・Gordo Medel Andres Becerra Penaloza 少し前に、「春の夜……。恒例のメンタル絶不調状態勃発の時に ...



「何か」が地球に向かっている? : まもなく、私たちの地球に「発生源不明の超膨大なエネルギー体」が近づくかもしれない。それは数日前に太陽を通過

5月16日のロシアのメディアより ・u-f.ru ロシアのメディアに掲載されていたNASAの太陽観測衛星SOHOの画像 ・NASA 、earth-chronicles.ru 今日ですね、ロシアのニュー ...

キラウエア火山の噴火は「トリガー」なのか。 急激に活溌化している地球の地質の動きの中、アメリカではカリフォルニアの複数の火山に爆発的噴火の警告が。では日本は?

5月13日の英国エクスブレスの記事より ・express.co.uk Sponsored Link   まれに見る地質活動超活性化の時に 今日、冒頭のイギリスのエクスプレスの「キラウエア火山 ...



「キリスト以来の時代で最も神の怒りや十の災いに近い」ような空の下でばかり暮らしていることをつくづく思う今

2017年3月30日 チェコ共和国の何だかもうすごい空 ・Severe Weather Europe Sponsored Link   ある意味では有史以来もっとも神々しい今という時代 聖書 ...

まるで黙示録の世界の始まりのようだったこの連休中の事象の中で、世界の地質とキラウエア火山の噴火を考えてみる

2018年5月4日 噴火したハワイ島のキラウエア火山 ・Jason Trask Sponsored Link   この10日間ほどの地球は「やや異様」でした。 今回はそのことに少しふれようと ...



米イエローストーンの間欠泉の「尋常ではない噴出」についてのアメリカでの大々的な報道。そして、この2年ほど拡大しているように見える「徴候」のようなもの

2018年4月29日の米国ロイターの報道より ・Unusual eruptions at world's largest active geyser in Yellowstone Sponsored ...

いよいよ本格的に始まった「地球寒冷化」:この2年間の地球が過去1世紀で最大の寒冷化を記録していたにも関わらず「メジャーメディアはそれを黙殺し続ける」と米保守系ニュースサイトが報じる

米国のビジネスメディア「リアル・クリア・マーケット」の記事より ・realclearmarkets.com Sponsored Link トランプ政権の首席戦略官だったバノン氏率いるブライトバート・ニ ...



地球が「惑星間空間衝撃波」の直撃を受ける中、太陽には今年最大級の数の黒点が突如として出現

2018年4月21日のスペースウェザーの特集記事より ・Interplanetary Shock Wave Sparks Electric Blue Auroras Sponsored Link &n ...

どこまで火山活動は拡大するのか : スウェーデンでは海底火山の噴火、日本では250年ぶりの硫黄山の活動、ハワイではキラウエアのマグマが臨界かとも言われ、バヌアツでは噴火で島が再生不能に

4月18日のスウェーデンの報道より ・aftonbladet.se 4月20日に西暦1768年以来250年ぶりに噴火した霧島連山の硫黄山 ・気象庁 Sponsored Link 今日(4月20日)、九 ...



春の訪れと共に世界各地で突如として始まった群発地震は何かを示唆するのか? : イエローストーン、そして九州沖のトカラ列島やニュージーランドでも

4月16日に九州沖のトカラ列島で発生した群発地震 ・地震情報 4月11日からまたも群発地震が始まったイエローストーン(1週間で116回) ・USGS Sponsored Link   4月に ...

世界各地で「空から鳥が落ち続けている」 : その理由は、単に悪天候のためなのか、それとも「異様なほど進む地球の磁場の変化と減衰」なのか

米アイダホで「空から次々と死んだガチョウが落ちてきた」ことを報じる地元メディア ・eastidahonews.com 欧州宇宙機関(ESA)の衛星が観測した「地球の磁場の状態」を視覚化した図 ・ESA ...



なぜこんなに山崩れが連鎖している? : 4月のたった数日の間に前例のない巨大な山崩れが報じられる日本、アメリカ、中国、モルドバ、北オセチア、カナダ……。

2018年に入って以来、世界中で巨大な地質的異変が出現し続ける中 4月11日に大規模な山崩れがあった大分県の中津市の現場前 ・syottan1231 今日(4月11日)、九州の大分県で非常に大きな山崩 ...

次の大恐慌を生きのびるには:太陽黒点活動が終わる中でも、市場と経済の壊滅的崩壊が避けられないと主張する人たちが増加する中で

2018年4月7日の米ゼロヘッジの記事より ・zerohedge.com Sponsored Link   太陽活動があからさまに極小期に入りつつある中での大恐慌の形態は? 世の中の「人々の ...



地震と火山の噴火においては「21世紀の地球は明らかに20世紀と違う」ことが明らかになってきた今、環太平洋火山帯の今後をどう考えるべきなのか

・Nikkei Asian Review ・地球の記録、他   収まりそうもない環太平洋火山帯の活動の中で いわゆる「人的被害」が比較的少ない事象が多いせいか、地震にしても火山噴火にしても、 ...

Copyright© In Deep , 2018 All Rights Reserved.