「人類の覚醒と真実」 一覧

若者に1型糖尿病が増えているという報告を知り、自然感染、ワクチン共に適用できる「分子模倣」という概念を2年半ぶりに思い出す

  分子模倣という概念 前回、コロナ再感染での脳卒中リスクについての以下の記事を書きました。 [記事] 接種後の「コロナ再感染のさまざまな疾患リスク」が判明する中、「スパイクタンパク質に37 ...

接種後の「コロナ再感染のさまざまな疾患リスク」が判明する中、「スパイクタンパク質に37カ所の変異」が見られる強力な変異種が登場

2023/07/31    

  接種後に再感染しやすいメカニズム 最近、米ジョージア州アトランタのエモリー大学の研究者たちが、 「コロナワクチン接種後にコロナに再感染した人たちの脳卒中リスクの調査」 を行いました。 ワ ...

米中生物戦の氷山の一角:カリフォルニア州の人里離れた町で、謎の中国のバイオ研究所が偶然発見される

2023/07/30    , ,

  違法なバイオラボの「偶然」の発見 アメリカの各報道が、「カリフォルニア州の人里離れた都市で、謎の中国のバイオ研究所が発見された」と報じています。 まず、そのことについて最初に報道からご紹 ...

露骨…。ランセットに掲載された「暑さで死亡する率」と「寒さで死亡する率」を比較したグラフから見る統計のイリュージョンが普遍化したこの社会

2023/07/29    

    統計マジックが正々堂々と行進するこの世 今は、地球温暖化といわれたり、「猛暑で各地で死亡者数増加」とか、いろいろ連呼されているのですけれど、以前からのデータではっきりとして ...

過誤と蒙昧と悪意の輪廻の中で

2023/07/27    , ,

  医療介入の効果の真実 以前のメルマガで、英オックスフォード大学の医学者による論文をご紹介したことがありました。 その内容は、 「医療介入の 94パーセントは効果的ではないことがわかった」 ...

「世界的なコメ危機」に突入した中、グルテンアレルギーのある方や、そのようなご家族がいる方は、代替食備蓄を少し始める時かもしれない

vecteezy.com   グルテンを摂らなくなって6年目くらいの夏に 毎日、ポカポカと暖かいですね(いい加減にしろ)。 暖かい日差しの日々はともかくとして、私が、グルテンというのか、つま ...

全世界で乳幼児たちから認知能力と言語能力を剥奪したマスク禍を繰り返さないために

2023/07/20    , ,

  マスクは乳幼児たちから「人生」を奪う 先日、英ガーディアンで「パンデミック下で生まれた子どもたちはコミュニケーション能力が低いことが研究で判明した」という記事を読みました。 この記事を最 ...

2020年の欧米のいわゆるコロナ死のほとんどは「コロナ以外の死亡」だったことが今にして認められている。しかし数字のカラクリは今も続いているようで

  提示される数字が、ときにすべて虚偽であるこの社会で データや数値というのは常に「一種の操作」的な範疇のコントロール下にあるのだなあと最近つくづく思いますが、最近の RT が、米ニューヨー ...

中国人民解放軍が、マイクロ波等で「敵国全体の脳神経を直接攻撃できる兵器をすでに保持している」という報道から思う「磁性脂質ナノ粒子」への疑念

2023/07/18    

中国の脳神経攻撃に関する報告書の表紙。squarespace.com   「新タイプの戦争」が近づいている 私は、2020年からずっと「今は戦時中」だと思って生きていました。 そういうことも ...

ゼレンスキー氏が突如、米国とNATOに無視され始めた最大の理由

リトアニアのヴィリニュスで開催されたNATO首脳会議で孤立するゼレンスキー大統領 halturnerradioshow.com   孤独の総統 7月11日、リトアニアの首都ヴィリニュスで行わ ...

mRNAワクチンが、ヒト遺伝子の「エピジェネティック作用」に強く干渉することがイタリアの研究で明らかに

2023/07/15    

  DNA混入論争の行方 以前、ファイザー社ワクチンに「 DNA が混入している可能性」について、東京理科大学名誉教授の村上康文氏と、イタリア分子腫瘍学研究所の荒川央博士の対談をご紹介したこ ...

消毒カタストロフの新しい輪廻がまたも始まり

1945年7月 米ニューヨーク 殺虫剤DDTを子どもに直接散布する衛生職員 この頃と現代は実質的に変わっていなんじゃないかとさえ最近思います。Newsweek   この不健康習慣には終わりが ...

In Deep の新しい書籍が発刊されました

2023/07/12  

Dave DiCello   出版社ヒカルランドさんから、In Deep の書籍が、本日発刊されることになりました。 基本的には、ブログ In Deep の過去記事からの抜粋集ですが、実は、 ...

シュードウリジンが導く「全滅」

2023/07/11    

  存在自体を容認できるものでさえない 私自身は、自身が、いわゆる「反ワクチン」という立場で捉えられるのがとてもイヤだということはあります。 これはそんな軽いものではないからです。 最初にフ ...

ロックダウン時のイギリス内閣府の行動規制責任者が「英国人はもう飼い慣らされているので、いつでもロックダウンとマスク義務化を再導入できる」と発言。では、たとえば日本は?

2020年の英国でのロックダウン中の街頭ポスター。「家にとどまり、皆の命を守ろう」。 inews.co.uk   日本でも「条件付け」が日常的に続いている 今回は、タイトルに書かれていた記事 ...

120種以上の「普通の」処方薬に「自殺念慮を引き起こす副作用がある」ことがアメリカ薬剤師協会の報告で明らかに

2023/07/09    , ,

  処方薬と共に生きたジャンクライフからの曖昧な脱却 この 7、8年間くらいは、ずいぶんと「処方薬」の話を書くことが多かった気がします。 最近では「ベンゾジアゼピンの使用と断薬が、自殺念慮と ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.