「健康の真実」 一覧

二つの衝撃 : mRNAコロナワクチンとプリオン病に関する論文の続報。さらに、やや衝撃的な「ワクチンを接種した人の方が感染率がはるかに高い」ことを示したイスラエルの南アフリカ変異種に対しての研究

A Dystopian Future 論文の実物を読むことができました 前回の以下の記事で、「 mRNA コロナワクチンが、脳のプリオン病と関連している」という論文が「あるのかもしれない」という曖昧な ...

やや衝撃的な研究: mRNAコロナワクチンは「プリオン病などの神経変性疾患と関連し、脳を進行的に退化させる」可能性について述べられた論文の行方

Pixabay   ターゲットは常に「脳」 新型コロナウイルス、あるいは「そのスパイクタンパク質自体」を体内に生じさせるコロナワクチンというものが、どこまで見ていっても、その副産物(なのか「 ...

「コロナワクチンは大量破壊兵器であり、人類を一掃する可能性がある」:英国の著名医学者の提言を「意味のわからない各国の対策」の中で聞く

Economic Times   世界中、実は同じ状態の中で 今日、大阪の感染者数に関する「大阪府で新たに918人の感染確認 過去最多」というタイトルの報道を見まして、そこにあるグラフから、 ...

マスクに関する追記 : 長期間のマスク使用が進行性の肺ガンのリスクをもたらす可能性について

2021/04/10    , ,

executive-bulletin   前回、以下の記事で、どこでも販売されている一般の廉価なマスクに含まれている毒性について書きました。 「マスク」を詳細に分析したドイツの著名な科学者が ...

「マスク」を詳細に分析したドイツの著名な科学者が、そこから検出されるあまりに多い発ガン性物質や肺損傷原因物質に警告を発する

ecotextile.com   「マスクにより口と鼻から吸入しているものはまさに有害廃棄物です」:ドイツの科学者 少し前に、以下の記事でマスクのことについてふれたばかりなのですけれど、この ...

マスクに感染症対策への有効性は「何もない」ことを改めて。マスクは今ではすでに単なる政治的統制ツール

LA Times ヨーロッパでマスク義務のある国とない国の感染確認数の推移 thefederalist.com   マスクとは 私自身は、現在の新型コロナウイルスへの対策とされているものは「 ...

祈りの風景の中で見た「今後の世界は、新型コロナウイルスの環状RNAによるガンの嵐に見舞われる」という悪夢。ワクチンからの影響は…?

3月22日 インドネシアのスマランで撮影された雲。 Agus Prasetyo Boyolali   祈りはおそらく通じないけれど 日常で見る自然の光景というのは、思っている以上に人々の心理 ...

かつてビル・ゲイツ氏の下でワクチン開発を行っていたウイルス学者が「このままでは人類の大量死が起きてしまう」と、コロナワクチン接種の「緊急停止を要請」する内容の書簡をWHOと欧米各国政府に送る

  もう遅いのかもしれないけれど メルマガで、「最近は、ふとした時に、どよーんとした気持ちになります」みたいなことを書きましたら、心配していただくメールなどもいただいたりしましたが、自分が生 ...

ファクトチェックを使ったワクチン情報サバイバル

childrenshealthdefense.org   削除された記事が復活する場 この記事は、今日投稿しようとしていた本来の記事の前書きとして何となく書いていたものなのですが、しかし、イ ...

新潟大学名誉教授が訴える「新型コロナワクチンの危険性」の内容。これらのワクチンの身体への不安な影響は、場合により「永続的」に続く

off-guardian 改めて理解するファイザーやアストラゼネカのワクチンのメカニズム 新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでいますが、メルマガの読者様から、新潟大学名誉教授の岡田正彦さんという専 ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.