「 ウイルス 」 一覧

インフルエンザウイルス感染から私たちを守ってくれているのは「喉と鼻の細菌叢」だったことがアメリカの研究で判明。そこから悟った中国でのコロナウイルスの感染力が爆発的である理由

・medicalnewstoday.com   「石鹸の功罪」を冷静に考える 先日の以下の記事で、中国の武漢のひとつの病院での医療従事者の感染率が 30%近くになっているという医学論文の報告 ...



国家総動員法にあたる「人民戦争」を中国が宣言する中、「私たちはウイルス黙示録にとても近い時代に生きている」ことを初めて知る

・米CDCが保管する天然痘ウイルス。Smithsonian   中国が人民戦争を宣言した理由 中国でのコロナウイルスの状況は、もはやどうなっているのかよくわからなくなっている中で、欧米などの ...

アメリカの人工知能が「コロナウイルスの感染者は25億人に達する」と計算する一方で「大した感染症ではない」と楽観する医療従事者者たち。事態はどちらに転ぶ?

2020年2月8日の米経済誌フォーブスより ・Forbes   中国政府の公式発表をそのまま鵜呑みにしている人は世界にあまりいないとは思われますが、一応のところは、 2月5日から「中国での新 ...



40年前のアメリカの小説『闇の眼』に出てきた史上最強の創造上の生物兵器は中国武漢の研究室で作られた。その兵器の名前は「武漢 - 400」

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...

周博士の異常な愛情 または私はいかにして心配するのを止めてSTINGを愛するようになったか

・nature   ウイルスに対応する細胞の驚くべき対応メカニズムを知った日 2月2日の中国グローバルタイムズは、武漢の新型コロナウイルスが、「コウモリが媒介するコロナウイルスと 96%一致 ...



人から人へ感染することが確定した新型ウイルスがパンデミック化するかどうかの瀬戸際に立つ世界。「延べ30億人の中国人」が全世界に移動する春節が迫る中、感染回避の最善策を考える

・news.yahoo.co.jp   実際の感染者数は完全に未知の世界 中国の武漢という場所で発生したと考えられている、肺炎等を引き起こす可能性のある「未知の新型ウイルス」が発生して、10 ...

新年早々、香港で「SARSと似た謎の感染症」がアウトブレイク。そして、世界の流行キーワード第一位は「第三次世界大戦」である2020年1月4日に

・msn.com   中国で発生し、香港にも伝わった正体不明の謎の感染症 香港で、この 2020年の新年に「謎の感染症」がアウトブレイクしたことが報道されています。 中国本土から香港に入って ...



「日本にエボラがやってきた」 バイオセーフティーレベル最高位の5種類の病原体が東京武蔵村山の施設に搬入される

2019年10月17日のアメリカの科学メディアの報道より ・sciencealert.com 遠い国の話だと思っていたエボラウイルスが、今、オカ某氏のお隣に かつて「オーケストラがやってきた」という、 ...

かぜのようなもの。あるいは、インフルエンザのようなもの

・atousante.com 突然自己紹介的なことを書くのも妙かもしれないですが、私は、今から三十数年前頃に 18歳で東京に出てきました。 その後いろいろあって今に至ります(短い自己紹介だな)。 その ...



「私たちは毎日ウイルスの雨の中に生きている」 : 天文学的な量のウイルスが上層大気から地表へ常に降り降りている事実が初めて突き止められる

そこから個人的に思う「宇宙とウイルスの関係」 2018年2月7日の米にニューズウィークの記事より ・newsweek.com Sponsored Link   この In Deep というブ ...

アメリカ政府が「病原体の致死性を高める実験」を再始動。目的は「人類の利益のため」と言うけれど、むしろ最強突然変異ウイルスによる複合アルマゲドンのキッカケとなる可能性のほうが高い気が

MERS ウイルス クリスマスイヴの米国のブログ記事より ・strangesounds.org アメリカで、一時停止されていた「感染病原体を、よりその致死力を高めて、より感染力を多様化させる」という実 ...



全世界で進む「蚊の絶滅計画」は自然への反逆か人間文明への恵みか。アメリカでは広範囲でバイオモスキートが大量に自然環境に放出されることが決定

2017年11月6日のネイチャーより ・US government approves 'killer' mosquitoes to fight disease 昨年、「遺伝子操作した蚊」あるいは「故意 ...

不妊女性たちの半数から検出される「謎のウイルス」。そして、そこから見出されるかもしれない治療法

2016年7月8日の英国ザ・タイムズより ・The Times   加速度的に不妊が増加し続ける中で 今回ご紹介するのは、「新しく発見された不妊の原因となっている可能性」についてのものです。 ...



現在の地球の気温の極端さを象徴する「現世紀ブラジル」からオリンピックを契機に世界へと伝わるかもしれないいくつかのこと

オリンピック試合会場でスーパー耐性菌が検出されたことを報じる2016年6月10日のニュース ・‘Super Bacteria’ Found At Brazil Olympic Venues, Beac ...

WHOは「ジカ熱対策のために遺伝子操作した蚊をおおいに活用しなさい」というけれど……。感染症医学の中心に立ちはだかるパスツールの亡霊たち

・arigobio.com 春の蚊を見て思う気温の状況 今日、ベランダで植物とかメダカとかいろいろ世話をしていましたら、「蚊」が植物用の台に止まっているのを見つけました。 私 「暖かくなったものなあ。 ...



現代の認知症は「パンデミック」の一種かもしれない : 国際研究チームが「微生物がアルツハイマー病の原因」であることについての声明を発表

国際研究チームの声明発表を記事にした2016年3月11日のサイエンスアラート ・Science Alert   今日、偶然見た医学記事が上のタイトルのもので、そのかなり強い主張に軽く衝撃を受 ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.