In Deep

地球最期のニュースと資料

*

「 月別アーカイブ:2016年03月 」 一覧

何となく呪われ感の強くなっている南米に浮かんだ光の原色を思わせる「ピンクの太陽」の場所を眺めていて気づいた「もうひとつの33度」の世界

ジカウイルスなどのことも含めて、何となく今の南米は災難が拡大しているなあという気もするのですが、南米チリの首都サンチアゴで、下のような色の太陽が撮影されたことが伝えられていました。 2016年3月9日 …

AD



リアルからもフェイクからも作り出される神話 : 米国ユタ州の伝説の怪物「ベアレイク・モンスター」の出現や、皆既日食の横に浮かぶ「月」などの不思議に包まれる中で

アメリカのユタ州にあるベアー湖という場所には、アメリカ先住民の時代から「ベアーレイク・モンスター(ベアー湖の怪物)」と呼ばれるモンスター伝説が残っています。 そのような「モンスター伝説」があるユタ州ベ …

黒い色が世界に広がる時に何が起きる? : デスバレーをさらに綾取る「赤や緑の色々」を見ているうちに考えざるを得なくなった「黒の意味」

ローリング・ストーンズ – 黒くぬれ(Paint It, Black) 1966年 冒頭部分の訳詩 赤いドアを見ると黒く塗りつぶしたくなる もう色なんていらない 全部黒くしたいんだ 夏服で …

お知らせ(地球ブログについて)

  2016/03/08    日記 , ,

本文と全然関係ないですが、雪に囲まれた光景が美しい金閣寺 ・Takeshi Kuboki   私には In Deep と共に、地球で起きていることの速報メモ的な意味合いでのブログ「地球の記録 …

ヨハネの黙示録の「四騎士」は、地上の人間を死に至らしめる4人目までも含めて2011年のアラブの春の時から勢揃いし続けているかもしれないことに気づいたマレーシアとエジプトの出来事

マレーシア上空に出現したとされる「騎士のような」雲   最近、海外の複数のサイトで、上の写真が紹介されていたのですね。 マレーシアの上空で撮影されたと書かれてあるもので、馬に乗った複数の人た …

AD



歴史的な大干ばつの時代に突入していることを「進行する7つの干ばつ」で知った3月3日。そして、そこから思う世界の食料流通が崩壊した時の私たちの国

・guardian   3月3日は日本では、ひなまつりの日でしたけれど、その日の報道などを見ていて、複数の報道で同時に飛び込んできたのが drought = 干ばつ の文字でした。 世界では …

気候のコヤニスカッツィと頻発する「神の手」…… 世界の気象はもはや均衡を失っている様相で

「コヤニスカッツィ」とは、ホピ族の言葉で「常軌を逸し、混乱した生活。平衡を失った世界」の意。(Wikipedia)   スコットランド上空に出現した「雲」 ・vk.com   撮影 …

国境が崩壊する時、ヨーロッパ社会は? その時に世界は?

2016年2月27日の英国報道より ・Daily Star   自棄的「うつ」の副産物 理由はともかく、昨日、本当に久しぶりに「うつ」に陥ったのですね。 夜も、家族が眠った後も眠られずに、ボ …