「悪魔の輪郭」 一覧

ショッキングなドイツの研究論文:スパイクタンパク質は、骨髄から血管から本体まで「脳のあらゆる部位から検出され」それらは一様に脳組織を破壊していた

2023/04/12    

  そしてスパイクは長期間、脳に蓄積される つい最近の 4月5日に、ドイツの研究者たちよるスパイクタンパク質の「脳内の分布」に関しての非常に衝撃的な研究論文が発表されました。 論文は以下にあ ...

死に絶える信仰:聖書の礎をすべて信じるアメリカの若者の率が「1%」にまで低下。それに加えて「神の遺伝子の消失」が相次いでいるかもしれない今後の世

2023/04/09    , ,

faithwire.com   アメリカの聖書への信仰は絶滅の一歩手前に 先日、キリスト教系のメディアだと思いますが、その記事を読みました。 タイトルは、 ・研究者は「聖書の有神論はアメリカ ...

アメリカでは「最も裕福な人たち」も次々に亡くなっている可能性があることが、米財務省の「遺産税」歳入データで判明。そして、全体の「死の波」もまったく収まっていない模様

2023/04/04    

  すでに遺産税歳入額は2022年全体を上回っている 日本でも、今はどこでもそうなんでしょうけれど、著名人などの訃報、あるいは体調不良などの報道は、ポツポツと、しかし延々と続いていますが、ア ...

パンデミック政策(あるいはワクチン自体)が招いた「人間の本来の感情と感動の死」

愛国心が消滅しつつあるアメリカの話を読み 昨日、「何もかも同じになった世界」について書いていた記事をご紹介させていただきました。 「みんな同じなクローン社会に生きる」  In Deep 2023年4月 ...

「みんな同じなクローン社会に生きる」

2023/04/02    , ,

インスタグラムへの「異なる人たちによる」それぞれ別の投稿 クローン世界へようこそ 今回ご紹介する記事は大変に長いものですので、すぐに翻訳に入りたいと思うのですが、最初のエピソードを読んで、とても興味を ...

ディープステートはすでに敗北した。だからこそ、常にフレッシュな笑いを…

2023/04/01    

  この戦争は個人のもの ああ……何だか、もうタイトルが日本語になっていないですね。 全然忘れていましたが、今日はエイプリルフールだそうですけれど…うーん…ふと思ったんですけれど、この言葉は ...

そして5Gと子どもたちとお腹の赤ちゃんたちの脳

2023/03/28    , ,

  脳と携帯電磁波の関係の研究を振り返ってみる 前回、米国 CDC が、アメリカで、自閉症の子どもの割合が 36人に 1人となったことを発表したことについて書かせていただきました。 米国CD ...

米国CDCが、アメリカ人の子どもの「36人に1人が自閉症」と発表。やや過大な数である気がしつつも、日本も子どもの神経とメンタルの状態が今後著しく悪化すると確信できる理由

2023/03/27    

  過去50年のすさまじい上昇率 最近、アメリカの CDC (疾病予防管理センター)が、週次レポート上で、2020年の時点で「アメリカの 8歳の子どもの 36人に 1人が自閉症」であると発表 ...

なぜ、日本の「死産数」は、接種開始から2年目にして、急増に転じたのか

  日本の出生数と死産数 そんなに何か意味のあることを書こうとしているわけではないのですが、前回の記事でも少しふれました、厚生労働省の人口動態統計(速報)で、まず驚いたのは、 「婚姻数が人口 ...

フッ素…スパイクタンパク質…脂質ナノ粒子…。なぜ(特に子どもの)脳の破壊ばかりが繰り返されるのかを考えた一日

2023/03/23  

  以前は最大の悪だったフッ素も今や脇に ウィーヒック (酔ってんのかよ) いえ、違いますよ。ただ、事態の詳細は控えたいと思います(なんだよ)。 今日、「フッ素と IQ の低下」の関係に関す ...

ワクチン接種キャンペーン以降のアメリカの「欠勤率」と「休業率」が衝撃的な高さを記録。そして思う今後…

  著書「爆発的な突然死の流行」の作者の最新の調査 世界最大の資産運用会社であるブラックロック社の元ポートフォリオマネージャー兼アナリストであるエド ・ダウド (Ed Dowd)さんという方 ...

過去数百年続いたマネーの「死」までの秒読み

2023/03/21    

  全面的なシステム破綻に向かって スイスで主に金 (ゴールド)での顧客の資産管理をおこなっているゴールド・スイッツァランド社の創設者兼マネージングパートナーであるエゴン・フォン・グレイアー ...

ワクチンスパイクタンパクは「ほぼすべての種類のヒトヘルペスウイルスを再活性化させる」ことを示した論文をもう一度読んで気づいたファイザーワクチンの怪…

  全8種中、7種類のヒトヘルペスウイルスが再活性化されている 今回ご紹介していただく、スペインのミゲル・セルべトス大学病院の研究者たちの研究は、先日、以下で簡単にご紹介したことがあります。 ...

[重大局面]ファイザー社ワクチンが、DNAで汚染されていたことが見出される……。これにより「永遠のスパイクタンパク質生産」という厳しい概念が浮上。確率は推定3分の1

  なぜ時間の経過と共にむしろ過剰死が増加していくのか 最近、ジョン・キャンプベル博士 (Dr. John Campbell)という方の動画を知りました。 それは、「世界30カ国で超過死亡が ...

「崩壊は一瞬で起こり得る」:迫るメルトダウンのメカニズムがようやく理解できました。そこには驚くべき事実が存在します

2023/03/14    

  米国債というスーパー爆弾 金融関係の記事が続きますが、知りたいと思っていることは、純粋に以下の点だけなんですが、今ひとつ納得できていない部分があります。   ・同じような破綻が ...

世界中の医学論文に見る13例のワクチン接種後に誘発された精神疾患症例

2023/03/10    , ,

  見えるものや聞こえるもの カナダの医学者であるウィリアム・マキス博士の文章をご紹介させていただくことがあります。 少し前の、「次のパンデミックは H5N1 鳥インフルエンザ…」という記事 ...

Copyright© In Deep , 2024 All Rights Reserved.