[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

2022年からの世界 人類の未来 健康の真実 悪魔の輪郭 日本の未来

パンデミックが始まって以来、世界中で「女子の思春期早発症」が劇的に増加しているという報告に思い出す「スパイクタンパク質がもたらす時限爆弾」の概念

投稿日:2022年4月26日 更新日:




 

女児の思春期早発症が劇的に増加している理由の推定

アメリカの医学メディアで、少し気になる記事を見ました。

「パンデミック以来、性成長が異常に早まった小さな女の子たちが世界中で劇的に増えている」

という研究が報じられていたのです。

これは、「思春期早発症」というもので、性に関しての成長が通常より早く始まってしまうものです。

日本の医学説明では以下のようにあります。

> 通常、女の子は10歳頃、男の子は12歳頃よりはっきりしますが、それが、2〜3年程度早く始まってしまうのが、思春期早発症です。日本小児科内分泌学会

 

しかし、今、報告されているのは、その医学メディアの記事には「場合によっては、5歳未満の少女が乳房を発達させ始め、8歳未満の少女に生理が始まっている」とあり、こういう例が非常に増えているそうです。

今のところ原因は不明ですが……ちょっと思うところもないではないです。

まずは、その記事を最初にご紹介します。


パンデミックの間に急増した少女の思春期早発症

Early puberty cases among girls surged during pandemic
mdedge.com 2022/04/04

米国ワシントンポストフラープロジェクトが共同で発表した報告によると、パンデミックの間に、少女たちの思春期早発症の圧倒的な数が報告されている。

思春期早発症は稀な疾患であり、通常の場合、5,000〜 10,000人のうちの約 1人程度の子どもが罹患する。男児よりも女児の方が約 10倍高い症例が見られる。

ところが、パンデミックが始まって以来、世界中の医師たちと両親は思春期早発症の大幅な急増に気づいた。

場合によっては、5歳未満の少女が乳房を発達させ始め、8歳未満の少女に月経が始まっている。

米ヒューストンのテキサス小児病院の小児科医であるアディア・スピンクス-フランクリン博士 (Adiaha Spinks-Franklin, MD)は、報道機関に次のように述べた。

「私の担当する女子の患者たちのかなりの数がロックダウン後に生理を迎えたことに気づいたのです」

思春期早発症と呼ばれるこの状態は、通常または予想よりも早い思春期関連の変化として定義され、女の子の場合は 8歳前後、男の子の場合は 9歳頃に始まる。遺伝性症候群、中枢神経系の問題、または卵巣、副腎、下垂体、または脳の腫瘍によって引き起こされる場合がある。

そして、現在、アメリカ、インド、イタリア、トルコなど、世界中の小児科医たちが、この思春期早発症の症例の増加を報告していると報道されている。

最近のイタリアの調査によると、2019年の同時期には、思春期早発症で病院をおとずれたのが 140人だったのに対し、2020年3月から 9月の 7ヵ月の間に、イタリアの 5つの小児内分泌センターで受診した女の子の数は、300人以上だった。

別の研究では、トルコの小児内分泌クリニックが、パンデミックの最初の年に 58例の思春期早発症を報告したが、過去 3年間の合計は 66例だった。

思春期早発症は、他の精神的および肉体的問題があることを意味する傾向があるが、ほとんどの場合、正確な原因を見つけることができない。

パンデミック中の思春期早発症の増加傾向の理由について、医師たちは、思春期早発症のリスクが高いことに関連する身体活動の減少や不健康な食品の消費の増加など、パンデミックとロックダウンのストレスに結び付けている。

「それは子どもたちが経験したストレスの量と直接関係していると思います」とインド・デリーの小児内科医であるバイシャキ・ルスタギ博士 (Vaishakhi Rustagi,MD)は報道機関に語った。

ルスタギ博士は、普段の年に一年間で約 20人の思春期早発症の患者を見ていた。ところが、2020年半ば以来、博士は 300人以上の思春期早発症の女の子たちを見た。画像スキャンと超音波は腫瘍を発見しておらず、ルスタギ博士はストレスと悲しみと関係あるとは考えたが、直接的な原因はほとんど特定できなかった。

「これらの子どもたちは家族を失っていました」とルスタギ博士は言う。

思春期早発症は、うつ病、摂食障害、薬物乱用、および反社会的行動を増加させることが知られていると報道機関は伝えている。

ゴナドトロピン放出ホルモンアナログ療法として知られているホルモン療法の一種であるこの状態の主な治療法が、非常にうまく機能することが知られている。しかし、月経に伴う意識の欠如や汚名のために、一部の患者や家族は治療を求めない場合がある。


 

ここまでです。

多くの医師たちは、「ロックダウンなどによるストレスのためではないか」と考えてらっしゃるようですが、この記事の最後に、

「ゴナドトロピン放出ホルモン」

という言葉が出てきて、これが思春期早発症の治療に使われているらしいことを知りました。

懐かしのゴナドトロピン……。

確認のために、先ほどの日本小児科内分泌学会の思春期早発症のページをもう一度読んでみました。そこに以下のようにありました。抜粋です。

 

(日本小児科内分泌学会「思春期早発症とは?」より)

> もっとも多いのは脳から精巣・卵巣に命令を送る視床下部・下垂体という場所が、早くに活動を始めてしまう中枢性思春期早発症です。そのうち頭のMRIなどの詳しい検査でもどこにも異常が見つからない、体質的な特発性思春期早発症は女性に多く……

> また、男児で hCG という精巣に命令をするホルモンを作ってしまう腫瘍により男性化が進む、あるいは、女児で生理的順序に従わない、例えば、乳房が膨らむ前か直後に性器出血が起こるような場合には、卵巣が脳からの命令がないのに活動してしまう自律性機能性卵巣嚢腫といった特殊な…… jspe.umin.jp

 

「出た、hCG」と呟きながら、過去記事を思い出していました。

hCG とは、「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」というものです。

これは、通常、女性に「妊娠中にのみ」多く産生されるホルモンです。

ヒト絨毛性ゴナドトロピンの濃度数値は、異常妊娠の診断などに使われます。

日本で1回目のコロナワクチン接種が展開されていた頃に、以下のふたつの記事を書かせていただいたことがあります。

 

[記事] ワクチンが不妊と流産をもたらすもうひとつの要素「ヒト絨毛性ゴナドトロピンへの影響」。そしてなぜ副作用として女性の不正出血が多いのかもこのあたりに
 In Deep 2021年7月3日

[記事] ワクチンによる不妊と流産をめぐるシンシチンとヒト絨毛性ゴナドトロピン探究の旅は続く
 In Deep 2021年7月4日

 

ヒト絨毛性ゴナドトロピンは、「妊娠の維持、継続に不可欠なもの」であり、これが悪い影響を受けると、ほぼ確実に妊娠の維持はできません。

以前、コロナワクチン(によるスパイクタンパク質)が、このヒト絨毛性ゴナドトロピンに悪い影響を与えている可能性が高いかもしれないことを、 CDC の有害事象データを見ていて気づきました。

先ほど、「ヒト絨毛性ゴナドトロピンは妊娠中に増加する」と書きましが、正確には、

「妊娠 10週目まで」

ヒト絨毛性ゴナドトロピンが妊娠を維持します。

このあたりについては、上にリンクした記事のふたつめのブログ記事に、妊娠が維持されるメカニズムを記しています。

この記事に書かせていただきましたのは、妊娠に関しての医学的知識を持つ読者の方にお教えいただいたものですが、妊娠の維持とひとことにいっても、「妊娠初期」と「妊娠中後期」ではその維持のメカニズムはまったく異なります。

 

・妊娠10週目まで → ヒト絨毛性ゴナドトロピンによって妊娠が維持される

・妊娠10週目以降 → 胎盤から分泌されるプロゲステロンとエストロゲンというホルモンによって妊娠が維持される

 

そして、流産のリスクが最も高いのが、妊娠初期の 10週目までであり、つまり、初期の妊娠は、ヒト絨毛性ゴナドトロピンの分泌や働きが通常でないと維持されないものですので、大胆に書けば、

「流産の原因の大部分は、ヒト絨毛性ゴナドトロピンの分泌に問題が起きる」

ことかと言えると思います。

そして、やはり先ほどの記事に書いていますが、ヒト絨毛性ゴナドトロピンの分泌を行う部位(合胞体性栄養膜 / ジンシチウム細胞)を考えますと、「シンシチン」というものに行き着くのです。

これは私の推定でしかないですが、「シンシチンが攻撃されると、初期の妊娠はその維持に失敗する」と考えるにいたりました。

mRNA コロナワクチンがシンシチンに影響を与える可能性があることは、2020年以来、多くの科学者、医学者たちが警告していたものでした。

以下は、アメリカの分子生物学者で毒物学者のジャンシー・チュン・リンゼイ博士という方が、米CDCにあてた声明の一部です。

ジャンシー・チュン・リンゼイ博士の CDC への声明

これらのワクチンは、シンシチンに対する交差反応性抗体を誘発し、出産に関する問題が生じるだけでなく、不妊を誘発する可能性があります。 Covidワクチンが、精子、卵子、胎盤のシンシチンおよび生殖タンパク質と交差反応し、出産性の低下と生殖および妊娠の結果の低下につながると信じる確かな理由があるのです。

著名なウイルス学者のビル・ガラハー博士は、なぜ交差反応性が起きるのかについて、スパイクタンパク質とシンシチン-1 およびシンシチン-2 の間のベータシートコンフォメーションの類似性のためとしています。この説に反証する免疫学的研究を私は今までにひとつも見たことがありません。

自然感染とワクチン接種は同様の胎盤病理を有しており、およびシンシチンが攻撃される動物モデルの両方から、精子形成障害および胎盤の問題の所見の報告があり、これらの結果におけるシンシチン媒介の役割を示唆しています。

これについては、以下の記事でリンゼイ博士の声明全文をご紹介しています。

 

[記事] 「これはその時代すべての女性を不妊にする」 - CDCにワクチン接種の即時の停止を要請した科学者の声明
 In Deep 2021年5月13日

 

ここまで、少し長い説明だったかもしれないですが、このリンゼイ博士が引用しているビル・ガラハー博士という方の、

 

> スパイクタンパク質とシンシチン-1 およびシンシチン-2 の…

 

という部分まで至らないと、今回最初にご紹介した「女子の思春期早発症がパンデミック以降、急激に増加している」理由に辿りつかないからです。

つまり、私は、今回の医学メディアの報道から、

「女子の思春期早発症が急増しているのは、スパイクタンパク質のため」

ではないかと考えているということになります。

最初の報道の、現在、世界中で増加してている思春期早発症は、ワクチン以前の 2020年にすでに増加が始まっていたということですので、

「自然感染込み」

ということになるのではないかと。

このことについて、もう少し続けます。

あまり明るい話にはなりません。




 

私たちほぼ全員が持っている「抗体」

ご存じのように……まあ、オミクロン株 BA.2以降はわからないですが、武漢型やデルタ型では、

「子どもの発症率や重症化率は極めて低い」

という事実がありました。

子どもはほとんどが、コロナに感染しても発症すらしない。

その理由はさまざまに検討されてきましたが、理由はともかく、重症化しないことが確定的な子どもたちに対して、マスクを強制したり、ワクチンを打つなんてのは本当に狂った話なんですが、それはそれとして、

「それなら、子どもは感染はしないのか」

というと、「それは何ともいえない」ということになります。

というより、感染そのものを防ぐメカニズムを子どもだけが持っているというようには合理的にもあまり思えません。

 

2021年9月のインドのムンバイの調査では、

「ムンバイ市民の約 90%が新型コロナ抗体を保有していた」

ということがわかっています。

> インドの金融の中心地ムンバイで、市民の90%近くが新型コロナウイルスの抗体を持っているとの調査結果が発表された。

> 同市は8月から9月上旬、8674人の成人を対象に、抗体の有無を調べる5回目の血清調査を実施。対象者の約65%はワクチンを接種済みだった。 ロイター 2021/09/18)

 

「抗体を持っている」ということは、基本的には「過去にコロナに感染したかワクチンを接種したか」のどちらかだけだと思われますが、ムンバイだけがこういうことになっているということはないと思われます。

結局、それは「私自身も含めて」ですが、

 

「おそらく、地球のほとんどの人たちがスパイクタンパク質に感染して抗体を持っている」

 

ということかと。

ワクチンを接種された方々は、(水ワクチン以外なら)確実に過去のスパイクタンパク質の獲得歴を持つことになります。

そして、「コロナは、症状が出ないことと長期の後遺症にはあまり関係がない」こともわかり始めています。

以前読みましたエストニアの大学の研究で、

「無症候の感染者が、7〜8ヶ月後でも、特定の体内のタンパク質の持続的な炎症を示している」

ことが示されています。

コロナに感染して何の症状も出なかった人たち(あるいは自分で感染していたかどうかもわからない人たち)が、数ヶ月後になってもなお、「体内の炎症が続いている」ことがわかったのです。

つまり、「感染したことがある、感染したことがない」というような区切りは基本的に意味がないのではないかと昨年思ったことがあるのです。

以下の記事にあります。

 

[記事] 感染歴/ワクチン接種歴の有無に関係なく、コロナによる「時限装置」はほぼ全員で作動し始めていることを最新の査読済み論文で知る。私たちの人生はもう変わった
 In Deep 2021年10月2日

 

この記事で私は、スパイクタンパク質により「将来的に、非常にたくさんの人たちが健康上の何らかの問題を抱える可能性」があるのではないかと書きました。

そのことを「時限爆弾」と表現していますが、

 

「今回の女子の思春期早発症の増加も、その時限爆弾のひとつではないか」

 

と思えて仕方ないのです。

今回、最初の女子の思春期早発症の増加の報道を読んだ後に、論文を探してみましたが、どれも難しいもので、理解はしていないながらも、タイトルだけでも、

「スパイクタンパク質とゴナドトロピンの関係」

が示されていることがおわかりになるのではないかと思います。

 

(論文) SARS-CoV-2のスパイクタンパク質は、ウシ下垂体前葉からのゴナドトロピン分泌を抑制する
Spike protein of SARS-CoV-2 suppresses gonadotrophin secretion from bovine anterior pituitaries

(論文) SARS-CoV-2は、ヒトGnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)ニューロンとタニサイトに感染し、視床下部 - 下垂体ホルモン軸を破壊する
SARS-CoV-2 infects human GnRH neurons and tanycytes, disrupting hypothalamic-pituitary hormonal axes

 

また、2つ目のタイトルにありますように、スパイクタンパク質は、「視床下部-下垂体ホルモンのシステムを破壊する」ようです。

先ほどの日本小児科内分泌学会のページには、思春期早発症の原因のひとつに「脳から精巣・卵巣に命令を送る視床下部・下垂体という場所が…」とあり、ここが原因となるものもあるようです。

そして、この部位はかなり重要なもののようで、2つ目の論文の概要の最後は以下のような文章で締められています。

 

(2021年11月の論文より)

> この調査結果は、生殖に加えて脳の発達と老化に関与している可能性がある GnRH (ゴナドトロピン放出ホルモン)ニューロンは、成人と胎児/新生児の両方で SARS-CoV-2 に対して特に脆弱であり、潜在的に壊滅的な長期的結果をもたらすことを示唆している。

researchsquare.com

 

今回の「女子の思春期早発症の増加」もまた、ここにある、

> 潜在的に壊滅的な長期的結果

のひとつといえるのではないかと思えたのです。

 

調べた限りでは、思春期早発症になったからといって、将来の妊娠・出産に影響があると述べられているものはないようです。

しかし、現在増加している思春期早発症の「原因」が、スパイクタンパク質による「ヒト絨毛性ゴナドトロピンへの影響を含んでいる」としたら……。

という話かもしれません。

 

コロナワクチンでは、妊娠中期後期の場合は、それほど大きな影響を受けないことが示されていると同時に、

「妊娠初期だと、ものすごい高い率で妊娠の維持に失敗している」

ことも示されていますので、妊娠維持のシステム(10週目までは、ヒト絨毛性ゴナドトロピンによって妊娠が維持されるというシステム)を考えますと、スパイクタンパク質が影響を与えているのは、ヒト絨毛性ゴナドトロピンだと考えられます(あるいは、それを分泌する元となるシンシチン)。

妊娠初期では流産率 91%という高い数字が示されています。

以下の記事で、ニュージーランドの研究者たちの分析をご紹介しています。

 

[記事] 妊娠初期の流産率は「 91%」程度に落ち着く模様:ニュージーランドの研究者たちがこれまでのデータを再分析し、論文で発表
 In Deep 2021年11月9日

 

ちなみに、「ワクチンのスパイクタンパク質による影響が、どの程度の割合の人たちに出るか」ということについては、

・医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルの分析では、45%が水ワクチン (ブログ過去記事

・CDC の有害事象報告を追うと、深刻な副作用は全体の 0.5%のロットのみ (ブログ過去記事

というようになっていまして、死亡や重篤な副作用を別にすれば、半数程度で「少ない量ではあってもスパイクタンパク質が体内に生成されている」と考えてもいいのかもしれません。

これは、2021年11月の聖路加国際病院の研究チームの調査で、

「ワクチン接種女性の約半数でリンパ節が腫れる副反応」

というものがありまして、おおむね、ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルの分析の 45%と一致するものです。これと聖路加国際病院の研究を合わせましても、「接種した半数くらいはスパイクタンパク質を獲得している」と見られます。

この聖路加国際病院の研究の報道は、先ほどの記事「妊娠初期の流産率は…」の後半にあります。

 

しかし、ワクチン展開以前に、あまりにも多くの人たちが、「爆弾の源」となるスパイクタンパク質を獲得してしまっている可能性も高いです。

ですので、これからの生活では、願わくば、

「日常的に体内からスパイクタンパク質を追い出す」

という意識があってもいいのかもしれません。

しかし、その「スパイクタンパク質を追い出す確定的な方法」は今となってはわかりません。

以前でしたら、イベルメクチンの名前も上がったでしょうが、以下の記事でふれましたように、2代目オミクロン(BA.2)以降のコロナにはイベルメクチンは効かない可能性が非常に高くなっています。この記事は「抗ガン剤としてのイベルメクチン」のことを書いています。

 

[記事] イベルメクチンは、あらゆる種類のガンに対抗できる「奇跡の抗がん剤でもある」ことを示す9つの医学論文(すべて査読済み)
 In Deep 2022年4月17日

 

なお、思春期早発症で病院を受診している子どもたちの数は、実際に思春期早発症にかかった子どもの数よりかなり少ないはずです。

なぜなら、場合によるでしょうけれど、10歳未満などで身体や生理などに何か起きても、その年齢だと、特に女の子だと、「他の人に言わない」と思われるからです。親に相談する例のほうが少ないのではないでしょうか。

ですので、思春期早発症の増加率は最初の医学メディアの報道より「もっと多い」と思います。

それと共に、リンクした記事に書きましたように、コロナの長期後遺症を含めた「時限爆弾」は、発症していない無症候の感染歴のある人たちにも起きる可能性があります。

 

現在、世界中で「原因不明の子どもの重症肝炎」が多数報告されています。

以下のふたつの記事で取りあげています。

[記事] アメリカとヨーロッパで不可解な「幼児と子どもの重症肝炎」が多数発生中
 地球の記録 2022年4月19日

[記事] 小児の「原因不明の重症肝炎」の報告が世界十数カ国に拡大。子ども1人の死亡が確認される
 地球の記録 2022年4月25日

 

これもスパイクタンパク質によるヒトヘルペスウイルスの再活性化による爆弾だと、少なくとも私自身は確信しています。

こういう事例は、他の疾患でもさらに増えていくのではないでしょうか。

しかも、なぜか子どもたちを中心にそれが起きています。

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
ご登録へ進む





  • この記事を書いた人

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-2022年からの世界, 人類の未来, 健康の真実, 悪魔の輪郭, 日本の未来
-, ,

Copyright© In Deep , 2022 All Rights Reserved.