In Deep

地球最期のニュースと資料

*

アノニマスによる「第三次世界大戦の警告」ビデオ内容全文。そして、タラビッチが描く最終戦争の様子を思い出してみる

   

world-war-3-is-coming-anonymousfossbytes.com
 
数日前、ハッカー集団とされている「アノニマス」が、「第三次世界大戦が近い」という内容の警告を YouTube の自身のチャンネルに投稿していました。

アノニマスが特別何かを知っているというわけではなく、その内容は、いわゆる一般的に報道されているようなことを含めての「現在の国際情勢」というようなもののまとめのようなものにもなっています。

しかし、これがふだん世界情勢にあまり興味のない私などのような人間にはわかりやすいものでした。

私は世界中の変なニュースは好きなんですが、実は一般的な国際情勢をあまりよく知りませんので、そういう私のような人を含めまして、現在の国際情勢がどのようになっていて、そして、それがなぜ第三次世界大戦のようなことへと結びつく可能性があるのかについて知りたい場合によろしいかと思いまして、彼らのビデオのナレーション全文を日本語にしました。

ところで、本題とは関係ないですが、今日は日本で少し気になるニュースがありました。ジャパネットたかたで有名な佐世保でです。
少しだけ記しておきます。

Sponsored Link



 

米軍佐世保基地にて

今日(11月3日)のお昼過ぎに下に関してのニュースがアメリカで一斉に流れていました。

2016年11月3日午前の米国報道より

sasebo-lockdown-11-03Washington Times

 

長崎の佐世保にある米軍基地が「銃撃で閉鎖になった」というもので、AFP なども速報で報じていました。

ところが、日本での報道がほぼないまま、上の報道のように「閉鎖は解除された」という流れになっていました。

米軍佐世保海軍の最高司令官の Facebook には、11月3日午前の書き込みとして下のものがありました。

sasebo-commander-fbCommander, Fleet Activities Sasebo Japan

佐世保艦隊司令官

佐世保艦隊司令官による基地閉鎖はすべて解除された。銃撃の発射や、銃撃犯の存在の痕跡はない。負傷者はない。

これは訓練ではない!

2016年 11月3日 9時33分午前、保安部が141棟施設内部からの銃声を聞いたとの報告があり、現場からは退避措置がとられた。これまでのところ負傷者はないが、さらに情報に留意し、追って通知があるまで、所定の位置での退避を続行すること。

ということで、基地で何かあったのかもしれないですし、なかったのかもしれないですが、いろいろとある世の中ですので、何かあっても不思議ではないのかもしれません。

 

というわけで、アノニマスの「警告」全文をご紹介します。

ちなみに、アップされている動画の声はすべて加工されていて聞きにくいものですが、アメリカの愛すべきウェブサイト Collective Evolution にすべて文字がおこされていましたので、原文をお知りになりたい方はそちらをご参照下さい。

まあ、私も独り身であるならば世界大戦だとか全面核戦争だとかはそんなに気にならないのですが、子どもがいたりしますと、いろいろと気になります。

気にしていても起きる時は起きますし、歴史でそういうのを止められたことってないですから、むしろ前向きに覚悟を決めるのもいいことかもしれません。

それでは、ここからです。


Anonymous – World War 3 is on the Horizon 2016

annms-war-alert

アノニマス – 第三次世界大戦が差し迫っている

ごきげんよう、世界のみんな。
我々はアノニマス。

この2ヶ月間、我々は一貫して、アメリカ合衆国と西側の同盟国と、ロシアと東側の同盟国との世界的な衝突の可能性を報告し続けてきた。

南シナ海での紛争は、中華人民共和国と米国の関係に深刻な損傷を引き起こした。

オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所(国家の間の紛争などにおける仲裁や国際審査を行う)は、中国が独自に主張する境界線「9段線」について、国際法上の根拠がないとする判決を出し、境界線内側に埋め立てにより築いた人工島は島ではなく無効とした。

米国は、公海において平時にはどの国の軍艦船舶も自由に航行することができる、いわゆる「航行の自由」の原則の下、この領域を航海する準備を進めてきた。

これは中国を怒らせた。

8月には、中国の国防相である常万全は、中国の人々に対して「海上での人民の戦争に備えよ」と述べた。

米国は、航行の自由の原則の名の下に中国を挑発しようとしていると常万全は直接的に言及した。

中国は、南シナ海上の主権を保護するための利用可能なすべての必要な措置をとることを宣言しており、また中国は、南シナ海上の防空ゾーンを設定する権利を持つことが明らかになった。

中国はそれ以来、自国の核兵器の配置とテストも行い続けており、そして、ロシアとの海上での軍事演習を計画している。

米国は、中国が大陸間弾道ミサイルをテストしたことを確認しており、これは 30分以内に世界のどこに向けて発射することも可能なものだ。

南シナ海から離れて世界を見ると、シリアに至る。

シリアの内戦が、米国ロシア間の代理戦争であることは今では公然の秘密だ。

ロシアは、シリア政府の要求に応じて物理的に内戦に介入している。

米国は、公然とシリア国内の反政府勢力に武器を供給しており、シリア政府を転覆する計画を、やはり公然と行っている。

ロシアが昨年シリア政府に招かれて以来、戦争はシリア政府に有利に展開し続けている。

このように、米国とロシア間の緊張は極めて高まっている。これほどの緊張は、東西の冷戦時代以来、最大のものといえる。

米国は、現時点では気をもみながら座っており、オバマ政権の多くの職員たちは、シリアの状況について不満を持ち混乱している。

また、米国は、シリア内においてのロシアとのすべてのコミュニケーション手段がなくなったことを発表した。

米国によるこの発表は、9月22から始まったロシアのシリアでの軍事作戦の強化を意味する。ロシアはシリア政府のためにアレッポの街を奪還する意図がある。

シリアでの戦闘に終止符を打つための外交努力はすでに崩壊している。

アレッポでの作戦が継続するにつれて、ロシアは米国に対して、シリア政府軍への軍事行動を実行しないようにという厳しい警告を与えている。

実際には、シリアには多くのロシア戦闘機が駐留しており、シリア政府軍を攻撃しようとするいかなる米軍ジェット戦闘機をも撃墜する準備ができている。

米国務長官ジョン・ケリーは、ロシアのこれらの結果に干渉し、事態と直面するようにオバマ大統領に促している。

ジョン・ケリーはロシアに対抗できる核抑止力を支持していると言われている。しかし、ケリーがオバマ大統領にこの提案をするより以前に、ロシアはすでにホワイトハウス内の出来事に知恵を集めていた。

ロシアの国防テレビチャンネル「ズヴェズダ(Zvezda)」によれば、ロシアは米国との核戦争の可能性に備えて、ロシア市民たちへ準備を促した。これは、シリアにおける緊張の高まりのためだ。

そして、ロシアは、西欧のほとんどの地域での核に対応したイスカンデルミサイル(ロシアで採用されている複数の戦域弾道ミサイルの総称)の配備を、NATO 加盟国のポーランドとリトアニアの国境に接したカリーニングラードに移動した。

状況の様相に関して、米国防総省本部の一部の幹部たちは、とうとう口にし始めた。これらの国防総省当局者たちは、第三次世界大戦が差し迫っていることを認めており、それは致命的で、早い決着を見るだろうという。

ひとりの米将軍はワシントンでの「未来の軍隊」パネルで以下のように話した。

「近い将来、従来型の衝突は極めて致死性があり高速なものとなるだろう。そして我々は、自らのストップウォッチを持っていないだろうと思われる」

ウィリアム・ヒックス少将(Major General William Hix)はそのように述べた。ヒックス少将はまた、中国とロシアの軍隊はますます高度な科学技術を持つようになってきており、米国防総省は、朝鮮戦争以来見られたことのない規模での暴力の準備をしてていると述べた。

少将の発言はまた、軍の中尉たちによっても述べられ、(米国の)国家間の戦争はほぼ確実だと説明した。

そして、少将は、それはあまりにも従来の戦いやサイバー戦から離れたものがアメリカに対しての現実となっていると語り、さらに小さな国々もアメリカに対しての敵対を始めていることを明らかにした。

我々はアノニマス。
我々は大群。
許しはしない。
忘れはしない。
待ち受けなさい。


 

ここまでです。

目新しい感じのものは、後半の、米軍の少将が

「国家間の戦争が近く、それは大変に死者が多く、早い決着となるだろう」

と言ったことということでしょうか。

少将というと、その上に中将や大将がいて、将官では下級クラスと思われるかもしれないですが、アメリカ軍においての少将は、現役の階級としては最高位です。中将と大将は米軍において特別なもので、一時的な階級なのだそうです。

そういう人がそう言うのですから、そういうことも近いのかもしれません。

 

次の世界戦争の予言、あるいは「妄想的世界観念」のひとつの光景として、過去記事、

私たちに残されたかすかな「破局の回避」の可能性のために(1): 「人類のひとりと宇宙は同一のもの」、そして、ミタール・タラビッチのクレムナの予言
 2013/03/24

の中に記しました、19世紀のセルビアのミタール・タラビッチ( 1829 – 1899年)の予言といわれるものの最後のほうの部分を抜粋しておきます。上のリンクに全文ありますので、ご参照いただければ幸いです。

ミタール・タラビッチ
tarabich-19chumansarefree.com

予言と思って読むと、ちょっと恐ろしげですが、「 140年前の老人の妄想の世界」と思って読めば、また違った読み物と思えるかもしれません。

それにしても、先ほどの3年半前の In Deep の記事のタイトルが「私たちに残されたかすかな「破局の回避」の可能性のために」だったのが今では懐かしいです。

たった3年くらいでいろいろと変わりますね。

 


ミタール・タラビッチ「クレムナの予言」後半部分より

時はすでに遅い。悪意をもつものたちが全世界を荒らし回っており、巨大な数の人々が死に始めるからである。

人々は都市から逃げ出し、田舎に避難する。人々は十字が三つ並んだ山を探す。その中では人々は生きていくことができる。その中に逃げ込んだものたちは、自分も家族も救うことができる。

しかし、それも長くは続かない。

なぜなら、次にものすごい飢饉が世界を襲うからだ。

この飢饉は通常の飢饉ではない。町や村には十分に食べ物がある、だが、それらは汚染されている。飢えた人々はそれを食べるが、食べると死んでしまう。

怒りくるったものたちによる攻撃が始まる。

戦争が始まるのだ。

この戦争を戦う者たちは、科学者に命じて奇妙な大砲の弾を作らせる。それが爆発すると、人を殺すのではなく、まるで人間や動物に呪いをかけるようになる。その呪いで人々は戦うかわりに眠りに眠りこむ。

世界の果てにあり、大海原に囲まれてヨーロッパほどの大きさの国だけが何の問題もなく平和に生き残ることができるだろう。この国では大砲の弾はひとつも爆発しない。

三つの十字のある山に逃げ込んだ者たちだけが避難場所を見つけ、愛と幸福に満たされ、豊かに暮らすことができる。

その後はもう戦争は起こらない。