[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

2020年からの世界 2021年からの世界 人類の未来 悪魔の輪郭

「光の子と闇の子の闘い」はすでに渦中に : バチカンの大司教がトランプ大統領にあてた「悪魔の計画グレートリセットを阻止できるのはあなただけです」という内容の公開書簡全文

投稿日:2020年11月16日 更新日:

トランプ大統領に公開書簡を送ったカルロ・マリア・ビガノ大司教

catholicworldreport.com




 

新世界秩序の幕開けとなる「グレートリセット」

世界情勢の改善に取り組むことを目的としているとされる「世界経済フォーラム」という国際機関があります。

この世界経済フォーラムが、毎年スイスのダボスで年次総会を開催していまして、その場所から「ダボス会議」というように言われています。

次のダボス会議の開催は 2021年6月で、そのテーマは、

「グレートリセット」

となっています。

新しい社会経済システム、あるいは世界の人々の働き方や生き方などに「これまでにないような」大きな変革をもたらすためにシステムを大きく刷新するというようなもので、このグレートリセットの言葉そのものは日本でも普通に報じられていまして、わざわざ内容はご紹介しませんが、日経と日刊ゲンダイの記事をリンクしておきます。

ダボス会議が問うコロナ後 未来に向けたリセットとは - 『グレート・リセット ダボス会議で語られるアフターコロナの世界』 (NIKKEY STYLE 2020/10/31)

ダボス会議の次回のテーマ「グレート・リセット」とは何か【富を拡大するインテリジェンス2.0】 (ゲンダイ 2020/10/24)

 

名目はともかくして、私たちはこの 10ヶ月間近く、各国政府による著しい「自由の剥奪」の光景を目の当たりにしてきました。

そして以下の過去記事のように「自由が欲しければ、政府の要求に従いなさい」というスロバキアなどの強圧的な姿勢も見ています。

ロックダウンの目的、それは「言うことを聞けば自由にしてやる」 : スロバキアが全国民に対して新型コロナのほぼ強制的なテストを実施。欧州の他の国々も追随する雰囲気に
投稿日:2020年11月12日

数日前の上の記事のタイトルには、「欧州の他の国々も追随する雰囲気に」とありますが、 11月15日には、再度のロックダウン中のオーストリアが、「スロバキアと同じ方法」を実施する意向だと報じられていました。

つまり、「ロックダウンを解除するには、国民全員がコロナ検査に応じなければならない」と。

このような「自由と引き替えの強制検査」が、どうやら、ヨーロッパの多くに広がっていきそうな気配があり、その後にしても、検査以外でも「数々の強制」が命じられる可能性がありそうなのです。

アメリカにしても、仮にバイデン候補が大統領になった場合、この候補は「マスクの恒久的な強制着用」にはすでに言及していますし、検査とワクチンに関しても義務的な方向付けという雰囲気が高そうです。

まあ、個々の国や地域の状況はともかく、今の私たちは、

「かつてなかったような強圧にさらされている」

ことを、少なくともかなりの人たちは感じていると思われます。

また、移動の制限も恒久的になりそうな気配があり、例えば、世界の各航空会社は、ワクチンが開発された後に、「ワクチン接種のデジタル証明書がなければ搭乗できない」という措置を検討していることが伝えられています。

これは、世界の航空会社に共通したものとなるように検討されているようですので、仮にこれが実施された場合、ワクチンができる前は「陰性の証明」が必要ととなり、ワクチン後は、接種証明が必要となるということのようです。そうでなければ、飛行機には乗れない。

コロナ以降に出てくる、こういう数々の強行的な政策を見ていると、もはや世界は普通ではない状態にすでに叩き込まれているという感覚をとても強く受けます。

そして、この今の状態こそが「グレートリセット的」な感じを漂わせているという部分はあります。

 

 

闇の力を打破できる可能性を持つのは


ilriformista.it

さて、アメリカ大統領選はまだ結果が判明していないですが、大統領選の少し前に、バチカンの大司教がトランプ大統領に公開書簡を送りました。

その人はローマ教皇フランシスコと敵対していることで知られるカルロ・マリア・ビガノ大司教という方で、Wikipedia によれば、これまで、さまざまな「バチカンの汚職と腐敗」を表面に曝露し続けてきた人物でもあります。

このビガノ大司教は、今年 6月にもトランプ大統領に書簡を送っており、その内容は以下のように説明されています。

2020年6月7日、ビガノはドナルド・トランプ大統領に3ページの公開書簡を発表し、パンデミックとジョージ・フロイドの抗議について、聖書に書かれている「光の子と闇の子」間の闘いとして説明した。

闇の子供たちは「すべての人類の見えない敵」であると主張した。

さらに、ビガノは暴動が、「ディープ・ステートの目標を具体化する次の大統領選挙で選出された人物を見たいと思う人々の目的」に役立つために闇の子供たちによって組織されていると主張した。

ビガノはさらに、抗議への支持を表明したカトリック司教たちを以下のように非難した。

「(彼らは)ディープステートに、グローバリズムに、そして新世界秩序に従属しています。彼らはそれをキリスト教徒とは全く関係のない「普遍的人類愛」という名前で一層頻繁に訴えていますが、それは法廷から、学校から、家族から、そしておそらく教会からも神を追放することにより世界を支配したいと考える人たちのフリーメーソン的理想を喚起するものです」Wikipedia

今回の記事のタイトルは、上にありますビガノ大司教の言っていた、

> 「光の子と闇の子」間の闘い

から拝借しています。

そして、このビガノ大司教は 10月25日に、再びトランプ大統領に公開書簡を送ったのでした。

その内容は、

「グレートリセットについて」

のものでした。

今回は、この書簡を全文ご紹介したいと思います。

 

これが事実かどうかということはともかく、真摯にキリスト教を見つめていた、このバチカンの人物には、「今の世界がこのように見えている」ということを知っていただければと思いました。

なお、これは公開書簡ですので、どなたでも見ることができます。

以下のリンクにオリジナルがあります。

OPEN LETTER TO THE PRESIDENT OF THE UNITED STATES OF AMERICA DONALD J. TRUMP

公開書簡は 4ページあるもので、大変に長いです。

なお、ビガノ大司教は書簡の中で、

「トランプ大統領は世界の闇の支配者たちに立ち向かう最後の人」

だと述べています。

それでは、ここからです。

 

 


アメリカ合衆国大統領 ドナルド・J・トランプ閣下への公開書簡

OPEN LETTER / TO THE PRESIDENT OF THE UNITED STATES OF AMERICA DONALD J. TRUMP

2020年10月25日(日)
厳粛な王、キリストの使徒より (Solemnity of Christ the King)

大統領閣下

神と人類に反する世界的陰謀により、全世界が脅威にさらされていることについて報告させて頂くことをお許しください。私は前米国ローマ教皇大使であり、使徒の後継者として、そして大司教としてここに書かせていただきます。市民と宗教両方の代表者たちが沈黙を続けている中で発言させていただこうと思います。

6月の手紙にも書きました通り、この歴史的な瞬間は、悪の力(フォース)と善の力が戦っている光景を現出させており、そして悪の力は光の子たちに立ち向かうためにはパワフルで良く練られた戦略であるかのように見えていますが、実際には乱れており、それに加えて、正しい判断ができない状態にあることにより、精神的な指導者たちからは見放されています。

彼らは日々攻撃を増し、社会の安全や人々の自由や人生を乱しており、彼らには敬意というものがまったくありません。国家の政治家や宗教家のリーダーたちも西洋文化やキリスト的な魂を脅かすような発言を続け、健康を守るための緊急対策という名の下、実際には暴政により大衆は市民権さえ否定されている状態となっています。

現在、世界的な計画である「グレートリセット (Great Reset)」が進行しています。

その計画の構造は、世界のエリート集団が人類を支配し、大規模なスケールで個人の自由を奪おうとする内容です。資金の準備も出来ており、すでに数カ国ではこれは承諾済となっています。しかし、他の国々では、まだ計画初期の段階です。

世界のリーダーたちで、この悪魔的なプロジェクトの共犯者や実行者たちは、世界経済フォーラムの Event 201へ資金提供をしており、その内容を実行している悪辣な集団です。

このグレート・リセットの「目的」は、表向きにはベーシック・インカムと、これまでの負債・借金を帳消しにするという魅力的な約束がありますが、その背後に、健康と自由を完全に支配するという目的があります。

国際通貨基金 (IMF)が行うこの条件には、個人の資産所有権の放棄とビル・ゲイツと大手製薬会社の協調による新型コロナウイルスのワクチン接種を必ずおこなうという代償があります。

このグレート・リセットを実施している人々は、巨大な富を得る事が動機であり、ヘルス・パスポートとデジタルID が義務化され、世界全体の人々をデジタルで追跡できるようにしたいと考えているのです。それに応じない人たちは拘束施設に入れられるか自宅軟禁状態となり、資産を没収されるという計画です。

大統領閣下、すでにご存知かと思いますが、グレート・リセットは、数カ国においては、今年 2020年の終わりから来年 2021年の第三期の最初あたりに始まります。

公的には第二あるいは第三のパンデミックという口実を用いて更なるロックダウンが実施されます。パニックの種を撒き、個人の自由を奪おうとし、世界的な経済危機を正当化するドラコニアンのこれらの思惑は大統領はすでにご存知のことと思います。

グレート・リセットを計画している人々は、もう後戻りすることができない世界を構築しようと企ています。

しかし、世界の人々は感情、信仰、文化、伝統や思想を持っています。単に自動的にそのようなことに従いはしません。人間は心と魂を持っており、それは「精神的な糸」で高次元とつながっており、またそれは神ともつながっています。その使徒として、私たちは挑戦します。ルシファーが最初にやったように。

悪魔的集団である敵は、今最終段階に入っていますが、彼らは静かに移行できると思っていたところに邪魔が入り、彼らが怒っているのも不思議ではありません。

ディープ・ステートは、彼らを非難する人々に対しても一貫性のない反応を示しています。それも理解できます。主流メディアの多くが何の痛みも伴わずに気づかれずにスムーズにニュー・ワールド・オーダーに寝返った時点で裏切り行為やスキャンダルや犯罪が明るみになってきているのです。

数ヶ月前までは、真実を語る人々を陰謀論者として中傷する事は簡単でした。しかし今では詳細が明らかになっている事態となっています。

今年の 2月末くらいまでは、路上を歩いているだけで逮捕されてしまうというような状態を想像していた人はひとりもいませんでした。自分のお店を開いているだけで逮捕される、教会に行っただけで逮捕される、そんな社会が訪れるとは誰も思っていませんでした。

しかし、今、それが今世界中で起きています。

絵葉書にあるような美しい光景のイタリアでさえもそれが起きてしまっています。政治家たちが宮殿にバリケードを張って守られている中、多くの人がビジネスを失い、普通の生活を奪われ、旅行もできない、教会で祈る事もできない状態となっています。この悲惨な心理的状況の結果はすでに現れており、社会やクラスメートから離された子どもたちの多くが自殺しています。

このエリート集団は、ディープ・チャーチが持っている課題もサポートしており、(カトリック)教会のトップたちも最初からエリート集団と共にこの計画を実施しています。

カテコン(kathekon / 紀元前のギリシャの哲学者ゼノンによってつくられた概念)あるいは「完全に正しい行為」の中で聖ポールが「反対する者」の存在を語っていました。この「反対する者」とはトランプ大統領閣下、あなたのことです。

あなたは、闇の子たちの最後の暴力行為であるディープ・ステートに「反対する者」なのです。

あなたは、はっきりと基本的な自由を尊重し、妥協することのできない価値を尊重するとし、そして、「神の元にあるひとつの国」を守ると宣言しました。

この理由から、善である人々は、これが史上最も重要な大統領選挙であることを理解しなければなりません。ロックダウンにより私たちの今ある世界が抹消されてしまわないためにです。

あなたの周囲には、信心深い人々と勇気のある人々が集まっており、あなたこそが、世界の支配者たちに「立ち向かう最後の人」と彼らは考えています。

もう一方の候補に投票するということは、ディープ・ステートに支配され、多くの犯罪とスキャンダルにまみれた人物を選ぶということであり、コンテ首相が自国のイタリアに対しておこなっていることや、マクロン大統領が自国のフランスに対しておこなっている事、サンチェズ首相が自国のスペインに対しておこなっていること、そして、ローマ教皇フランシスコがカトリック教会に対しておこなっていることと同じことをアメリカにやろうとしている人に投票する事になるのです。

いくらでも脅迫され得る過去を持つバイデン氏は、バチカンの高位聖職者たちによる「マジック・サークル」と同様に、無制限に利用され、そして操られるでしょう。国内の政治も国際的な政治にも違法のパワーが干渉できる状態になります。

彼を操っている存在たちは、彼に問題が起きた場合には即座に替わりの人物を用意しており、入れ替える準備も進行しています。

現在、この「目に見えない敵」による暗黒の最中ではありますが、しかしながら、希望というものも生まれつつあります。

敵の存在たちは「愛する」という概念を知りません。ベーシック・インカムを与えることやローンの返済を消滅させることだけで、大衆を牛の様に扱い、そして征服することはできないのです。

長い期間、暴君たちからひどい扱いを受けていることに、多くの人々は気づき始めています。魂があることに気づき始めています。

すべての均質化とアイデンティティーの抹消が自由と引き換えに起きることを理解しており、それを拒否しています。実直な人々は、社会の繋がりの大切さ、家族というものの大切さ、信じ合える仲間との絆の大切さに気づき始めているのです。

グレート・リセットは、失敗に終わる運命にあります。

なぜなら、自分の「人間としての権利」を強く訴える人たちがいるからです。愛する人々を守り、子どもや孫たちに未来を与えようとする人たちがいるからです。

勇敢で強い意志力を持つ光の子たちの前で、非人道的なグローバリストたちは惨めに敗北することとなるでしょう。

敵にはサタンが背後にいますが、彼らは嫌悪しか知らないのです。

しかし私たちの側には、全知全能の神がついています。最も聖なる聖母は古代のサーペント(蛇の象徴 / 悪魔)の頭を揉みつぶすでしょう。「もし、神がわたしたちの味方であるなら、だれがわたしたちに敵し得ようか。」(新約聖書 ローマ人への手紙 8章31節)

大統領閣下、すでにご存じかと思いますが、この最大の危機において、アメリカ合衆国がこのグローバリストとの戦いで防波堤となることが期待されているのです。

神の力をどうか信頼して下さい。

「わたしを強くして下さるかたによって、何事でもすることができる。(新約聖書 ビリピ人への手紙 4章13節)」

神の摂理の使い手となることには大きな責任を伴いますが、それと同時に必要な力はすべて与えられるのです。多くの人々が祈りを通じてあなたを熱心にサポートしているのです。

天なる希望を込めて、あなたとファーストレディー、そしてあなたの協力者たちに私の心からの祝福の祈りを捧げたいと思います。

アメリカに神の祝福を!

カルロ・マリア・ビガノ
前駐米教皇大使
Carlo Maria Vigano

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
登録へ進む

「まぐまぐ大賞2020」の投票が始まりました。どなたでも、ご投票できますので、よろしくお願いいたします。昨年度は皆様方のお陰で、コラム賞1位を頂きました。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-2020年からの世界, 2021年からの世界, 人類の未来, 悪魔の輪郭
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.