[皆様へのお願い]現在、In Deep の多くの記事が Googleさんの検索で表示されないことが多いため、直接ブックマークしていただければ幸いです。キーワードでの検索は、以下で行うことができます。

2021年からの世界 ディストピアへようこそ 人類の未来 悪魔の輪郭 日本の未来

機械になっていく人間の社会を見つめながら

投稿日:


Così fan tutti

1916年4月4日のルドルフ・シュタイナーのベルリンでの講義より

西暦 2000年がカレンダー上で過ぎてから長くはかからないでしょう。

それは、アメリカから始まり、直接的な禁止ではないにしても、あらゆる種類の思考の禁止、すべての個々の考えが停止させられます。

それは純粋に唯物論的な医学が今日行うことから始まります。そこでは魂はもはや機能できず、人間は外部実験に基づいてのみの機械として扱われます。 iberopensare.com




 

新たな段階の中で

今日、ブログ地球の記録に以下のふたつの記事を書いていて、「どうしようもないところまで来ている地域が拡大しているなあ」と改めて考え込んでいました。日本も遠からずといいますのか。

コロナワクチン接種が義務付けられている国々の詳細。それらの多くでは接種を受けないと仕事を失うことに
投稿日:2021年7月21日

ワクチン接種が進むとコロナの感染状況がどうなるかをいくつかの国で見てみましょう。接種率がヨーロッパでトップのマルタの感染数は1ヶ月前の200倍超
投稿日:2021年7月21日

その後、何となく、たまに見るイタリアのウェブサイトを見ていましたら、現状と「近い未来」に関して、わりと釈然とすることが書かれてあった記事がありましたので、それをご紹介させていただこうと思います。

冒頭のルドルフ・シュタイナーの 1916年4月4日のドイツでの講義もその記事にあったものです。

シュタイナーさんは、当時、将来的に、あらゆる方法で「人類を自動応答マシンにする試み」がなされると考えていたようです。

言われたことに完全に(心から)従う人間集団を作り出すということです。

そういう地球にしていく試みがあらわれると。

上のシュタイナーさんの講義の表現をお借りしますと、

> 人間は外部実験に基づいてのみの機械として扱われます。

というようなものへとなっていくと。

それはいつのことだろうなあ…と考えますと、どこまで考えても「今でしょ」と。

まあ、私自身は、シュタイナーさんという名前を知ったこと自体が、すでに 50歳を超えた後という不勉強な人間で、そんなこ難しい理屈など、人生で聞いたことがなかったです。

若い時にほとんど本を読まなかった私にとって、15歳か 16歳くらいの時に読んだ山本七平さんの『私の中の日本軍』が、その後のすべての私の思想的根幹でした(シュタイナーさんも七平さんも言っている根幹は同じで、「事実だけを見なさい」と)。

社会で起きている事実だけを見る。思い込みとか時代の空気は捨て去る。

それだけが人生の思想的中枢でした。

ああ……でも、20歳になったばかりの頃によく聴いていた東京のハードコアパンクバンドの曲の歌詞は、先ほどのシュタイナーさんの「機械化人間の未来」に通じるものがあったかもしれないですね。

ザ・カムズ - 人間狩り (1983年)
YouTube

人間は機械になってゆく
尊重されるのは一人だけの意志

人間は狩られる 機械として狩られる
正義の名のもとに猟奇的になる

人間狩り
みんな一緒だ 誰でも同じだ

あっちでもこっちでも攻撃が始まる
誰も何も見えない目だ
どいつもこいつもやっちまえ

というわけで、思索の原点が、ハードコアバンクだったり、大日本帝国陸軍の矛盾だったり、シュタイナーさんの精神科学だったりとハチャメチャですが、私などはもうどうでもいいです。

それより、皆様方にこそ、これからの地球あるいは日本をお考えになられて下さればと思います。

ここからです。




 


周囲がしているから自分もする…ことの意味

Così fan tutti…
liberopensare.com 2021/07/17

数日前、テレビや映画に関する仕事をしている私の息子が、30〜40代の同僚や仲間の間で、ワクチン接種の順守が実際に一般化されていることを教えてくれた。

私は、情報とワクチン接種の自由を意識する傾向がある家族の意見の均一性を持っているため、息子の言う一般的な若い人たちの考え方の平坦化について、普通なら生理学的に反逆的とまではいわないにしても、争いがちな若い年齢層として考えれば、これは特異であることに気づいた。

私は息子に尋ねた。

「きみの友人はワクチンについて知ってはいるのかね?」と。

「友人たちは(ワクチン関しての)関係書類を読んだことがあるのだろうか」と。

息子の友人たちは知的な人々であり、社会構造の中で十分に確立されている人々なので、それは遺伝子治療であり、その影響が短期間でさえ知られておらず、長期間ではさらに影響に関する知識が少ないことを彼らは知っているのだろうかと尋ねた。なぜ、君の友人たちはワクチンを打ったのだろうかと。

息子はこう言った。息子は、治療に対しての自由の強力な擁護者でもある。

「ええ、もちろんです。私は 友人たちに接種を決定するための情報などすべての要素を伝えました。しかし彼らの答えは、『うんうん、読んだよ。でも、私たちはこのストーリー(パンデミック)を早く終わらせたいんだ。普通が欲しい。旅行やディスコにも行きたい。​​飛行機で旅行にも行きたいんだよ』と言います。そして…何よりも他の人たちのために、地域社会のためにワクチン接種を行うのが正しいので、誰もが接種しています」

私は息子にこう言った。

「友人たちは、『正常に戻る』ためだけに、接種の影響の結果が誰にも知らされていない遺伝子治療を受けることによって、もしかすると自分たちの健康や命さえも危険にさらしていることを知っているのかい?」

「はい。彼らは関係する資料をよく読んでいて、動画も見ています。しかし結局、現在の新しいマスク - ワクチン宗教の教義はとても強く、メディアによる繰り返しの喧伝と、他方で、社会的な不承認を恐れているのです」

皆がしているから自分もする…ということなのだろうか。

 

適合性の現象学

私が若者だった 1968年周辺から 50年ほどが過ぎ去った。

そして今、私たちは、このように、若者たちの状態が完全に昔とは逆転するのを目の当たりにしているのだ。

したがって、まず若者たちの行動に特に注意を払いながら、一般的な行動を特徴づけるように思われる、この「適合性の現象学」を分析することを試みることが不可欠であると思う。

…適合性あるいは操作性の…。

パンデミックが宣言され 1年以上経過し、当惑しているのは、それを管理および操作した人々の間だけでなく、とりわけそれによって苦しんでいる人々の間を支配している混乱だ。

一方では、いくつかの異常な変化があった。武漢研究所からのウイルス漏洩の理論は最初は偽のニュースと見なされたが、今ではそれがクリアされただけでなく、「それがあり得る」ということにさえなっている。

マスクの着用は、科学的証拠なしに有効であると宣言され、それは続いた。ヒドロキシクロロキンやイベルメクチンなどの治療法は、免疫系に影響を与えることができることがよく知られているにも関わらず、役に立たないとされ、あるいは、ビタミンDでさえも役に立たないと宣言されている。

確かに、医療機関は実験的ワクチンに関してリスクを冒す準備ができているが、何十年にもわたって安全に使用され、特許の対象ではなくなった(したがって不採算の)薬に関しては、教科書の安全基準はクリアしている。

しかし、ルドルフ・シュタイナーが以下の行で私たちに述べているように、「混乱させること」は、瞬間の力が達成したい目的に対して機能的だ。

1916年12月9日 スイス・ドルナッハでのルドルフ・シュタイナーの講義より

同様のことをやりたいとき、常に単一の電流をトリガーする必要はありませんが、両方が互いに影響し合うように、常に別の電流と交差させる必要があります。

実際、一方向にまっすぐ引っ張るだけではあまり達成されません。作業中の電流に光を横向きに当てたり、混乱させたり、痕跡を消したり、特定のものを厚い下草に分散させたりする必要がある場合があります。

これは非常に重要です。の結果、それ自体に目的がある特定のオカルト電流は、すべての痕跡を混乱させる効果を伴って、完全に反対のタスクを設定することがあるのです。

 

これが民主主義なら

毎日ますます定着していると私たちが見ている現在の全体主義の最も貴重な同盟者は、現在一般化された認知的不協和の犠牲者である人々だ。

私たちがこの 1年半以上目撃してきたのは、事前定義されたモデルに従って特定のキーワードと入力を考えて反応するように操作された、恐怖と意気消沈した人々を何千万人も生み出した心理戦作戦である心理操作オペレーションだった。

このコントロール計画の有効性の証拠は、たとえ事実情報と論理が提供されたとしても、人々が、与えられた支配的なストーリーや、単一の考えを損なうことはないという事実によって与えられる。

たとえばあなたが、一般的に発表されている公式のストーリーに大きな矛盾があるという事実を提示して彼らに示すことができたとしても、それは役に立たない。

2020年3月に中国の路上で亡くなった人々の写真が偽物であったことは証明できても、それは役に立たないのだ。

公式統計によって提供された死亡率が操作されたことを示すこともできるが、それは役に立たない。

PCR検査が誤って使用されていることも証明でき、その検査の信頼性が著しく低いことも立証できているが、それは役に立たない。

マスクの無効性に関するすべての研究を提示することもできるが、それは役に立たない。

ワクチンに対する副作用の数が増えていることを示すことはできても、それは何の役にも立たない。

子どもたちにワクチン接種をすることのリスクと無益さは簡単に指摘することができるが、それは役に立たないのだ。

多くの人々は公式のストーリーを信じ続ける。

これまでの人間の行動に関する研究の数々は、以前の条件付けから来た人間の先入観が、はっきり正しく知覚する能力を「条件付け」がどれだけ妨げているかをよく示している。

それでも、ストーリーは非常に物議を醸し、矛盾に満ちているので、医学的科学的な知識がない人たちでさえ、このストーリーを信じるとは考えにくい。

しかし、ワクチンにしても、世界人口の大多数が、誰もその効果を知らず、いかなる損害についても責任を負わない実験的ワクチンの投与を受けるために、辛抱強く待ち行列を作っている。

イタリアでは、屋外でのマスクの着用が(一時的に)廃止された今日でも、かなりの数の人たちがまだ路上でマスクを着用している。

 

群れの効果

現在の状況を理解するために私にとって最も重要だと思われる質問は、

「なぜ、世界の人口の大多数が実際に批判的思考を放棄したのか」

ということだ。

大部分が矛盾した恣意的な感染症対策、処方箋、行動の強制の波に続いて、伝統的に文化的で敏感な社会のセクションでさえ、なぜこれに屈したのか。

まず第一に、私たちが投げ込まれたこのディストピア映画の本当の「ビッグブラザー」がビッグテック(情報産業大手)であることに注意する必要がある。

ソーシャルメディア、そしてもちろん疑いの余地のない主流メディアのサポートがなければ、地球全体を恐怖に陥れ、操作するゲームは不可能だっただろう。

パンデミック後、数か月以内に、彼らは YouTube の何千ものチャンネルを閉鎖し、Facebook への数百万の投稿を検閲した。元米国大統領の Twitter アカウントはブロックされ、削除された。多くの自然療法サイトのアカウントが削除された。

mRNA ワクチン発明者であるロバート・マローン博士のアカウントさえもソーシャルメディアは削除した。マローン博士は、このワクチンの作成者の一人であるにもかかわらず、博士が mRNAワクチンの安全性を疑問視した途端に削除された。

ウィキペディアは言うまでもなく、ソーシャルメディアは、すべての異議を唱える主張をフェイクとして系統的に非難している。

 

批判的思考の悪魔化は飛躍的に続いている

主流のストーリーに反するコンテンツは検閲されるか、完全に削除される。

私たちの多くがこれを知っている。

しかし、ストーリーに反していても削除するほど危険ではないコンテンツについてはどうだろうか。

これは Google が処理する。

世界最大の検索エンジンは、このような内容にどう対処するか。検索するすべての人のデータを収集、分析、活用するために機能するアプリケーションのネットワークを開発および維持している Google は、そのデータを使用して、どの情報を表示するか、どの情報を表示しないかを決定している。

2019年、検索エンジンはアルゴリズムを更新した。それ以降、多くの自然健康ウェブサイトが検索されることはなくなった。

(※ 訳者注 / 光栄なことに、In Deep もそうでございます)

このように、完全な権力を握っている全体主義のスポークスマンの圧力はますます広がっている。

明らかに、長い期間をかけて、Co​​vid-19 でのコントロールを準備した後、グローバリストたちの力の決定的な段階となった。

目標は、古い「現実」を消去して、「新しい正常」に置き換えることだ。

もちろん、これは理性や事実によって行うことはできないが、「恐怖と抑圧」によって行うことができる。「新しい正常」に屈したくない人々に対する致命的な武器としてそれを使用するために、人口の大多数を恐怖に陥れ、彼らを徐々に、大量に操作されたヒステリックな状態にする必要があるのだ。

また、これに関して、1世紀以上前に、文明が被る可能性のある流れについて人類に警告するために何が起こるかを予測した人々がいる。以下は、そのひとりであるルドルフ・シュタイナーの言葉だ。

1916年1月7日 スイス・ドルナッハでのルドルフ・シュタイナーの講義より

私たちは幻想に身を任せてはなりません。

世界が唯物論的衝動の方向に進むと、許可されていない人たちには、人間の健康のために何かをすることが禁じられるだけでなく、それを実現することができなくなってくるでしょう。

今日、私たちは、人が禁止されている制約を、自らでは認識していない多くのことを禁止することに自分自身を制限しています。

しかし、例えば、人々の健康への無許可のケアが禁止されるのと同じように、唯物論的な意味で先進国によって保証され承認された機関からの意見も禁止される時代に直面するでしょう。

これらの出来事の全過程が、人々に理解されていない場合、将来の「自由」に向けて全力で突き進みます。これは、許可された範囲内以外では、すべてを教えることを禁止する法律が制定されるという事実から成ります。

たとえば、私たちがここで行っているようなことを禁止する法律。

物事は思考から始めなければなりません、それらはこれらすべての認識から始めなければなりません、そして私たちは私たちが何ができるか、ということから始めなければなりません。


 

ここでいったん切ります。

訳し始めてみますと、あまりにも長いもので、途中は話も込み入ってきますので、少し割愛しまして、最後のほうのセクションである、

「二つの人間の流れ」

という部分をご紹介して締めさせていただきます。

この「人類がふたつにわかれる」というのは、何年も前からのこのブログのテーマのひとつでもありましたが、今は確かにそれが現実的に起きています。ただ、比率が 90対 10とか、もっと極端な比率とか、そん感じですが。

ここからです。


 

二つの人間の流れ

ルドルフ・シュタイナーは、未来についての彼の講義の中で、人類全体について語ることはめったになかった。

シュタイナーは、精神的な方向に向かう人類の一部分について話していた。

数値的には、これは人類のごく一部であり、少数の人類である可能性がある。それは数の問題ではなく、質の問題だ。

おそらく私たちは、一方では、世界的な新自由主義帝国の崩壊を前兆とする最初の軋みに、そして他方では、2つの人間の流れの分離の最初の兆候に気づくだろう。

1つは精神的な価値観に向けられ、もう1つは物質的な価値観にのみ向けられる。

追加すれば、1つは批判的思考を使用することができ、もう 1つは課された思考を吸収する傾向がある。

文明の未来は、一握りの人類であるにもかかわらず、前者(精神的なほう)がどれだけ達成したかに応じて、成功するかしないかとなるだろう。

ルドルフ・シュタイナーは、この不測の事態を非常に明確に予見していた。

精神化への道をたどる人々は、ある時点で、多くの人々の選択とは異なる選択をしなければならないと彼は述べている。

しかし今日、何千万人もの若者たちが仮想世界への脱出を求めて間違った選択をしている。

彼らは新しい自己、つまりコンピュータ画面に表示される自己を選び、ほとんどの時間を、偽のコンピュータ中心の世界で、異なるアイデンティティを目指した意識の領域で過ごす。 コンピュータの代役の自己に没頭する。

精神と機械を統合する次のステップは明らかだ。

それは「脳とコンピュータの直接接続」だ。

これに関連するトピックは、機械的および電子的機器が非常に小さく構築されているため、場合によっては肉眼で見ることができないナノテクノロジーのトピックでもある。

非常に小型化された医療機器について多くのことが述べられており、静脈に挿入して小さな潜水艦のように血流を移動し、たとえば静脈のブロックを解除する治療ができる。

マイクロプロセッサを注入して脳に到達させることもできるし、チップを神経に接続する技術の問題もすでに解決されている。

とはいえ、おそらくこれらはすでに過ぎ去った過去の技術だ。おそらく、物質的なサポートがなくても、離れた場所から制御でれるいくつかの力場で十分で、一種の磁気共鳴だ。

これらの技術が、知らないうちに人類の大部分を支配することを目的としていることは明らかだ。

これらの侵入から無傷のままでいたい人のために、そのような侵入から「心」を保護するために特別なオカルト技術が必要とされる。以下はシュタイナーの言葉からだ。

1912年4月11日 フィンランド・ヘルシンキでのルドルフ・シュタイナーの講義より

古い衝動だけが機能し続けた場合、外向きの意味だけでなく、支配の麻痺、技術の外向きの克服と劣化だけで、おそらく現在では夢にさえ思われていない圧倒的なものになるはずです。

なぜなら、すべての宗教的、科学的興味、哲学的、芸術的、そしてより高い意味でさえ、それらの倫理は人間の魂から取り除かれるでしょう。

新しい精神的な衝動が来なければ、人々は一種の生きた自動応答マシンになるでしょう。


 

ここまでです。

ここにあります、ナノテクノロジーなどに対しての、

おそらくこれらはすでに過ぎ去った過去の技術だ。

というのは私も同感です。

もう少し新しい重力や磁場に関する力学が用いられるような気がします。

それはともかく、ヘルシンキのシュタイナーの講義は興味深いですね。

要するに、何らかの手段によって「宗教的、科学的興味、芸術的なもの」が人間から取り除かれる時代が来ると。

以下の記事で、1917年1月のスイスでのシュタイナーの講義「闇の精霊の堕落 - 世界における堕天使の影響」の内容を掲載していますが、ここで、

「そのツールはワクチンになるだろう」

とシュタイナーは述べています。

コロナとそのワクチンが世界を席巻する勝利の日に立ち尽くしたりして
投稿日:2021年2月23日

> ワクチンは、人びとがまだ非常に若いときに、その魂から精神性へのすべての傾向を取り去ることになるでしょう。そして、これは生きている身体を介して行われます。

> ワクチンは、霊的生活に関連した「唯物論者の目には愚かな傾向」にうつる精神性を発達させないようにするでしょう。 (1917年10月27日 ドルナッハにて)

このように述べていました。

しかし、さしものシュタイナーさんも、「その具体的な方法論」まではわからなかったと思われます。

ところが、今は結構わかっちゃうんだよねー(笑)。

 

最近、遺伝子コロナワクチンが「自身の中の神との接続を断ち切る方法」が漠然とわかってきた感じがしています。

「自身の中の神」とか言うと大仰ですが、要するに「趣味」とか「興味」とかのことです。これらは、普通の人生には大事でも、唯物論的社会には何の意味もないことです。

「何となく花を見てきれいだと思う」

とか、

「聞こえた音を、何となくきれいだと思う」

とかです。

これらの「人の感性」を「人から剥奪する具体的な方法」が、最近なんとなくわかってきました。

こんな難しそうなことも、現在の技術ならやればできそうなんです。

でも、コワイことなので書くことはできないと思います。

だって、すでに何億人が遺伝子ワクチンを接種したと思われます?  日本でも何千万人になるのでしょうか。その方々のことを考えると、書けないです。

ですので、こういう話は、どこまでもオカルトでありフェイクであるということでいいのではないでしょうか。

時代はそうなりました。

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下からご登録できます。
ご登録へ進む





  • この記事を書いた人

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

-2021年からの世界, ディストピアへようこそ, 人類の未来, 悪魔の輪郭, 日本の未来
-, ,

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.