In Deep

地球最期のニュースと資料

*

「 月別アーカイブ:2016年08月 」 一覧

双子のハリケーンと共に、ややカオス気味でした8月が終わります

ハワイに向かっている顔のような「双子のハリケーン」 2016/08/31 ・tiempo.com この8月の後半は、ふだんの夏に比べても、用事面・体調面と何となく慌ただしく、記事を更新できない日がやや …

スベンマルク博士の異常な愛情が今ここに結実 :「雲の生成は宇宙線によるもの」という説が25年にわたる観測の末に「結論」づけられる。そして、太陽活動が長期の地球の気温のコントロールに関与していることも

2016年8月25日の科学メディアPHYS.ORGより ・PHYS.ORG デンマーク工科大学の物理学者ヘンリク・スベンマルク博士 ・ing.dk 25年目の結論 私が、 「雲は宇宙線によって作られて …

本日はお休みさせていただきます。そして、日本に奇妙な台風もやってきます

噴火中のキラウエア火山の溶岩の横での結婚式 ・Jenna Lee Pictures 最近は、こちらの記事などでふれた帰省や、その後のいろいろもあったことに加えて、バラエティに富んだ気温(北海道出発時の …

シックハウス症候群の原因となる有害な揮発性有機化合物(VOC)に対しての最良の大気汚染除去方法がアメリカ化学会の研究で判明・・・それは「ただ植物を置くこと」

・American Chemical Society   置くだけで最大で90%以上の揮発性有機化合物を除去する植物群が判明 私が「ふと」植物に興味を持ったのは、今から8年くらい前のことだと …

シリアのテロリストたちが50発の「アメリカ製の核兵器」を手にしたかもしれない2016年の夏に

・Express   ささやかな日常の危険と、ささやかでもない日常の危険 先日、北海道から台風の中を航空機で帰ってきた話を書いたのですが、その歳、飛行機が離陸し上空に到達した際、機長の方から …

黒くぬれ! : 世界中の遺跡や記念建造物が「除去の方法がわからない微生物によるネバネバした謎の黒い構造体」に覆われ始めている

2016年8月10日の英国テレグラフより ・Telegraph いやいやいや。 先日、 ・オカ某、北海道を脱出できるか!? カオス台風の中で彷徨う漂流家族  2016/08/22 という 8月22日の …

オカ某、北海道を脱出できるか!? カオス台風の中で彷徨う漂流家族

とても短い日程で北海道へ帰省しております。 で・・・今(8月22日午後)、新千歳空港で呆然としている渦中であります。 昨日、下の気象配置を見まして、 「なんか・・・やばめ・・・ですか?」 とは思ってい …

ありがとうフィラエ:静かに消えていった彗星着陸船の成果をもう一度考えながら追悼させていただきます

時期としては、ご紹介するのが少し遅くなったのですが、今日は、私が個人的にとても感謝していて、最近ついに役目を終えて「消えて」いく彼(彼女)のことに軽くふれておきたいと思います。下はその最期のメッセージ …

金利が過去5000年で最も低くなった現在の経済報告からも見えてくるような「今の時代は人類の過去5000年の終わりを示す頂点」にいるということ

2016年8月17日のロシア・トゥディより ・RT 私などのように、金融や経済に疎い人間は、直近の経済の流れなどを近視眼的な見方の方だけで見てしまう部分があります。 たとえば、最近発表された日本の輸出 …

イエローストーン近くの川が「沸騰」してから4カ月後の夏、周辺の川では1万匹にのぼる魚が大量死。空には燃え続ける山林火災で浮かび上がる「血の月」も出て

米国モンタナ州のパラダイス渓谷を走るイエローストーン・リバー ・inforum.com 投稿する少し前、この記事を書いている時に、おそらく悪天候によるものだと思うのですが、本当に久しぶりに「停電」を経 …

炭疽菌に続いて… : シベリアの永久凍土の下に何千か所もある埋葬地から「天然痘が復活する可能性」を警告するロシアの科学者たち

天然痘ウイルス ・Metro 2016年8月12日のシベリアン・タイムズより ・Siberian Times 今月のはじめに、シベリアで、ロシアでは 70年以上患者が発生していなかった致死率の非常に高 …

超巨大国家プロジェクト「アポロ計画」の国宝級装備品たちが次々と消滅したりオークションで売られたりしている「歴史のその後」

アポロ10号船内で交信するジョン・ヤング司令船操縦士 ・YouTube 今回は、最近の記事、 ・NASAのアポロ計画のすべての公式通信記録が機密指定解除。そして、そこに残される「宇宙飛行士たちが月で経 …

2017年の月面探査ミッションに続き、アメリカは再び「月面に人類」を送ろうしているけれど、結局は「人間は物理的な宇宙空間には行ってはいけない」ものなのでは・・・と思わせる問題が次々と発覚

・Guardian ネイチャーに発表された心臓血管病の致死率の比較 ・nature   冒頭にあります報道のように、アメリカは再び月に向かいます。 アメリカ連邦航空局(FAA)が、民間企業ム …

ノアの日 : 急激に数と規模を増す現実の洪水の渦中で、紀元前2000年の中国で「水位38メートル」の黙示録的な超巨大洪水があったことが明らかに。そして今、世界はそこに近づいている?

シュメールの洪水神話 大洪水が聖地を洗い流すだろう。人類の種を絶やすために。 これが神々の集会の決定であり、宣言である。   世界中の洪水の規模が日に日に増していて、その報道の見出しにおどる …

2016年も半分をはるかに過ぎたことにやっと気づき、最近のことを少し思い出す

情報リーク人物たちのヒーロー像…。犬も人も精子が減少し、今後それがさらに拡大する証拠。そして、地球の上空は火球だらけ 今日、知り合いから電話がありました。 知人「最近、何してんですか?」 私 「いやも …

謎のツイートから1週間。エドワード・スノーデン氏いまだ帰還せず

現時点で残っているスノーデン氏の最後の投稿 ・Twitter 8月12日のツイッターのコメントより・Twitter 少し前の記事、 ・世界を駆け巡る「エドワード・スノーデン死亡説」 : 本人に危機が発 …