In Deep

地球最期のニュースと資料

*

「 人類の覚醒と真実 」 一覧

「ファティマで与えられたメジュゴリエの聖母からのメッセージ」により導かれたアイルランド・クノック大聖堂前のマリア様出現騒動の顛末

2017年6月10日のアイルランドの報道より ・independent.ie その日にアイルランド・クノック大聖堂上空に出現した光 ・Youtube 現在、「ファティマ 100周年の期間」が進行してい …

AD



温暖化の最大の原因だと考えられていたメタンの海底からの噴出が「強力な寒冷化」と関係するという衝撃的な調査結果が発表される。……ということは「メタンの海底大爆発が近い」とされる現在から未来はどうなる?

・Scientists Found A ‘Totally Unexpected’ Source Of Climate Cooling Sponsored Link   国際科学者チームが北極 …

「宇宙空間」は生命に直接的に進化あるいは変化の機能を与えているのかも : 宇宙で「頭とお尻の奇妙な双頭」となって地球に戻ってきたプラナリアを見て

ふたつの頭をつけて再生・増殖した「宇宙帰り」のプラナリア ・Planarian regeneration in space 地球上ではこのように必ず「それぞれが完全に同じ形状」として増殖します ・全身 …

またも中国の空に今度は「黒い城」のような巨大な浮遊都市が出現。陸地の上位蜃気楼……ブルービーム計画……パラレルユニヴァース……。どの理由にしても、今のこの世は難解で

2017年6月6日の中国の報道より ・epochtimes.com Sponsored Link   基本的に海上にしか出現しない上位蜃気楼が、なぜ「陸地」にこんなに出始めたのか 中国広東省 …

北極で何かが起きている : 夏なのに北極海の氷面積が急激に増加に転じ、ニューファンドランド島には突如として「氷河」が誕生。そして、太陽活動はさらに低下を継続中

  ・Science Matters   北極を中心として、奇妙なことが起きています。 今は、地球の北半球は季節としては夏に向かう時ですので、北半球の極である北極も夏に向かいます。 …

AD



まだまだCovfefeは私を導く。今度は「120年前の火星での人々の生活の描写」との出会いが

西暦1900年に出版された『インドから火星へ』の中の火星の光景 ・From India to the Planet Mars (1900) 先日、 ・covfefe に導かれて出会った500年前の絵画 …

人種と地球の未来 : MUFON の内部崩壊に見る「差別と二極化がシンクロして進行する時代」に、私たちはどのように未来を考えれば?

笠雲に覆われる富士山 ・Takashi Nakazawa 最近は「差別」に関しての報道が何だか多いです。 ごくサイン起きた出来事の中で、かなり印象に残っているのが、MUFON (ムーフォン / 相互 …

あまりにも奇妙な様相だったこの5月の天空は何かを示しているのかいないのか

5月18日 ヒューストン上空で撮影された「何か」 ・Daily Star 今現在の世相とかが何だかもうよくわからなくなってきているのですが、何となく物騒な方向に進んでいるかもしれないというような雰囲気 …

ライアーの新鮮な音に包まれながらも思うことは「基準音440Hzによる世界悪魔化計画」はどこまでも突き進んでいっているという狂気の時代の今のこと

・oka-jp.seesaa.net In Deep 2015年3月28日の過去記事より 現実生活の中に 432Hz を基本音とした音楽をどのように取り込んでいくかということを考えるのも、「一種のサバ …

南米に出現しまくるイエス・キリスト的な曖昧な偶像の連続の中で、「夢で告げられた北緯33度線に位置するイスラエルの山」が意味することは何?

2017年4月23日 ベネズエラで行われたミサでの上空に出現した「雲」 ・noticiaaldia.com ・noticiaaldia.com Sponsored Link   南米で「奇跡 …

ロシアの数学者たちが「ヴォイニッチ手稿の言語構成の解読に成功」との報道。使われている言語の60%は英語とドイツ語であることが判明。そして内容の一部には「ケシからアヘンを採取する方法論」が含まれる模様

2017年4月19日のロシアの報道より ・lenta.ru 最近、戦争やそれに準じたゴタゴタの噂が多いこともあり、時事関係の記事が多かったですが、今日はやや色合いの違う記事です。 少し前に、 「ロシア …

「すべての爆弾の母」MOABはユーラシア大陸最大の断層とプレートの交差地点で、なおかつ「北緯33度線の真上」の位置に投下された。これは偶然なのか、何かの意図なのか

・STV 今回の記事は、最近のある出来事について、ふと気づいたことを地図などで掲載しておきたいと思いますが、特に詳しい説明等を書くことはできません。 というのも、それに何か合理的な意味があるのかどうか …

第二次世界大戦の「ターゲット」は誰であり何だったのか……と、平時に近い穏やかなデフコン警戒レベルの中で、ふと思う

現在の米国のデフコン((防衛準備態勢)レベル ・DEFCON Warning System   昨年、トランプ候補がアメリカ大統領選挙に当選した少し後、 ・デフコン・レベル5の「最も平和な状 …

「グレートリセット」 : アフリカ、アジア、そして日本? …… それはシュタイナーが言っていた「東洋が西洋文明を拒絶する」新しい時代の前兆になり得るだろうか

・zerohedge.com 102年前のルドルフ・シュタイナーの講演『第一次世界大戦の霊的背景』より 第六文明期の課題は、物質的周囲における精神認識を用意することです。それは、精神を純粋に元素的な生 …

なぜ「完全な日食」を気にするのか (それは太陽という存在自体が奇跡だから)

2月26日の金環日食 南米チリ ・地球の記録   風邪だなんだと、少しやることが溜まってしまいまして、いろいろ終えると夕方になっていました。 本当は、この 2月26日からのしばらくの期間は、 …

「現代医学は悪しき宗教」と40年前に述べた異端医師の懺悔

現代医学を構成する医者、病院、薬品、医療機器の9割がこの世から消えてなくなれば、人々の体調はたちどころによくなるはずだ。これは私の確信である。 — 1979年 ロバート・メンデルソン医師 ・Rober …