地球最期のニュースと資料

In Deep

「 月別アーカイブ:2018年01月 」 一覧

2018年の始めに「26日間の奇妙な空白」があった地震の状況

2018/01/10    , ,

今年元旦の米国ニューズウィークの記事 ・newsweek.com Sponsored Link   2017年暮れから2018年に起きていたこと 先日の、 ・地球の海底で何が起きている? : ...



「鎮痛薬イブプロフェンで男性の不妊が起きる」なんてことを、今さら告知されてどうする……と、過去にイブプロフェン配合の薬を十数年ヘビー常習していた私は……

・CNN Sponsored Link 今日、鎮痛薬の成分として日本でも広く使われている「イブプロフェン」と「男性の不妊」との関係についての記事がアメリカの CNN から出されていました。 下の記事で ...

気候が各地で激しすぎで……。やはりこれは近現代で人類が初めて経験する未知の気象の領域に入っているのかもしれないとも改めて思ったり

2018年1月6日 アメリカのワシントン山が「世界で2番目に寒い場所」となったことを報告する観測所のツイート ・MWObservatory かつてないような異常な熱波に見舞われているオーストラリアにつ ...



地球の海底で何が起きている? : 「聖書という名の町」で聖書のような出来事が起きた南米エクアドルで「海が突然消えた」後にコロンビアの海岸では原因不明の津波が

世界各地で地震の懸念続きの中で海底がどうもおかしな様相を示す現状 2018年1月3日のエクアドルの報道より ・mpnoticias.com.ec 「海の水が消えた」エクアドルのサンタロサ(サンタローザ ...

「2018・アメリカ大寒波」に思い浮かべるミニ氷河期下の私たちの文明

2017年12月31日 米ミシガン州トラバースシティの「-126℃を表示する暴走温度計」 ・facebook.com 常夏のフロリダであまりの低温により次々と木から落ちフリーズするイグアナ ・New ...



エコノミスト誌が30年前に示唆した「世界通貨の登場」。その通貨名は血塗られた歴史の背景を持つ「フェニックス」。ビットコインはそれと関係する?

30年前となる1988年の英エコノミスト誌の表紙。特集は「世界通貨に備えよ」 ・The Economist 表紙イラストの中央部を拡大 ・The Economist 1843年創刊の世界で最も歴史のあ ...

数字からわかる「狂気じみていた2017年」。そして、おそらくはこの狂気は今年も継続する

2018/01/03    , , , ,

・Public Domain 今年 1月1日に、アメリカの人気ブログ「エコノミック・コラプス・ブログ」において、「信じるにはあまりにも狂気じみた 2017年の 44のことがら」という記事が投稿されてい ...



奇妙な光がつなぐ2017年から2018年。そして、コロンビアの異常現象多発地帯の中心が浮かび上がってきたような

2017年12月28日の CIA (中央情報局)の奇妙な問いかけのツイートより ・CIA 2017年12月31日 コロンビアのオカーニャに出現し停止し続けた月でも太陽でもない巨大な光 ・pulzo.c ...

2018年は「2017年に芽生えた概念」が崩壊まで突き進む年のはじめ……かも

2018/01/01    , ,

長野県飯山市 戸狩からの2018年の初日の出 ・戸狩観光協会 2018年になりました。 世の中にお正月らしさとか、そういうものがほとんど感じられないようになって久しいですが、親戚の集いなどがある他は、 ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.