「人類の覚醒と真実」 一覧

FBIが「アメリカの影の政府」の存在を発表し、そしてその影の政府メンバーたちが政権から追放されている・・・という事実は「地獄の夏」が近いことを示す?

2017年2月17日のアメリカ報道より ・CNBC 2017年2月17日のアメリカ報道より ・NewYork Post Sponsored Link   影の政府の実在が報じられ始めた201 ...



アメリカのゾンビ雲や、ゾンビ準備対策州政府決議案を眺めながら、ふと、私たちの社会そのものが「総ゾンビ化」寸前なのかもしれないと気づく

2017年2月15日 米国バージニア州ハンプトンの空 ・UPI 2017年2月10日のアメリカUPIの報道より ・Illinois lawmakers designate October 'Zombi ...

「病気の存在しない社会」を作ることは可能なのかもしれない : 量子物理学的な医学見地から、病気は「意識と思考」で作られることを確信した日

先日、以下の記事で、ブルース・リプトンというアメリカの細胞学者の方が書かれた『「思考」のすごい力』という本に関してふれました。 《病気・肉体的苦痛・そしてその治癒の真実》「思考」が人の体と細胞を「実際 ...



《病気・肉体的苦痛・そしてその治癒の真実》「思考」が人の体と細胞を「実際に変化させる」多数の医学的・科学的証拠が示す未来

  痛みや症状を作り出すものがはっきりしてきた最近 1ヶ月くらい前の記事で、私が昨年読んだ本の中で最も実生活の中で役立った本が、山本浩一郎さんという整体師の方が書かれた『腰痛は心の叫びである ...

「来世は素晴らしいと確定」したら、あなたはすぐに死にますか? …… と考えていたところに「バーチャルリアリティで《体外離脱の体験》をすると死に対しての恐怖が減少する」という学術論文が発表されたりする日々

医学情報メディア「メディカル・エクスプレス」の記事より ・medicalxpress.com   今回は、上の記事をご紹介したいと思います。 ちょうど前回の「 LED と網膜の損傷」のことに ...



文明と医療と人々の健康知識が進んだ国であればあるほど…

・WHO   今日、別の記事を書こうとしていた時に、ふとネット上で、あるランキングデータが目に入ったのです。 それは何となく意外性のあるランキングでした。   Sponsored ...

なぜ、地球は「病気の王国」になったのか : 現代社会を蝕んでいる病気たちの「正体」は、この地球を支配しているシステムと同列の中にあるものなのかもしれないし、そんなことはないのかもしれないし

・collective-evolution.com   地球の「システム」の正体はわからないながらも アメリカのコレクティブ・エボリューションというサイトに「社会を今も蝕んでいる最悪の病気の ...



健康ではない時代の健康情報 : 人体の新しい臓器の発見、高速道路の近くに住むと認知症リスクが飛躍的に高くなることが判明、大量の入れ墨が人間の免疫を高めること…など

・salon.com   何らかの元年に 昨年4月の「私は素晴らしい世界に生まれて、その世界に生きている」 という記事の中で、英国 BBC の「なぜ2016年に有名人が次々と亡くなるのか」と ...

興味ある健康系の話題はなかなか表に出てこないで、情報も人そのものも消えてしまうのですけれど

2017/01/09    , , , ,

人体に新しい臓器が発見されたことを報じる英国インディペンデント ・Independent   今日は、最近いくつか知りました興味深い健康に関する報道などを書こうとしていたのですけれど、いろい ...



次々と見つかる謎の巨大存在は2017年に「作動」するか : 南極の氷の地底から検出された「直径480キロの存在」、そして、ギザで見つかった「黒いモノリス」

南極で直径480kmの「存在」が見つかっている場所 ・Satellite spots MASSIVE object hidden under the frozen wastes of Antarcti ...

追悼は死者への光 : 夢に出てきた安保徹さんから訃報を知らされて

2017/01/03    , , , , , ,

2017年1月1日 カタール・ドーハの霧に包まれたビル群の中の朝日 ・vk   いろいろな新年の夜明けの写真というものがありますが、このカタールのドーハのものはとても印象的でした。ドーハとい ...



失踪の国「日本」:フランス人ジャーナリストが書いた「日本人の蒸発の現実」。そして「日本の本当の自殺数は年間7万件以上」という数値を改めて強く思う

2016年12月10日の米国ニューヨークポストより ・nypost.com 今年は、アメリカの「行方不明の現実」に関しての記事をいくつか記したことがあります。 ・アメリカの行方不明者たちのいくつかで共 ...

「数億人によって何もかもが記録される時代」に : ブラジルの3つの太陽やイスラエルの聖書的な雲の柱の前の人々を見て思う、その行為の未来への意味

ブラジルの海岸の「複数の空の光」を撮影する人々 ・facebook   記録され続けるこの世 先日、ブラジルのサン・トメー・ダス・レトラスという非常に名前をおぼえにくい場所で、その後、人々か ...



意図して書き始めたわけではないけれど、話はナルコレプシーと脳萎縮と「30年間におよぶベンゾジアゼピン系薬物依存」のことへと転がる石のように

暖かい日が続いたせいか、昼間は外に出し夜は家に入れていたハイビスカスが、12月の中旬に次々と花を咲かせています。 2016年12月12日に咲いたハイビスカス 今年の夏は暑すぎたせいか、あまり花を咲かせ ...

数百万の「無菌室」が導く崩壊 : 「微生物との共生を拒否した日本人」たちが創り出す未来の社会は

・Sunset over Takashima   今朝から、どうも胃とか腸とか、あるいは全身的に強い違和感や吐き気みたいなものを感じていまして、毎日飲み過ぎではあるので、「胃が荒れたかな」と ...



思案中のままの一日。そして行方不明の事例で思い出してしまう今の旧約聖書的な世相

ハンガリーで撮影された高層大気の発光現象(赤は稀少) 2016年12月2日 ・RED AIRGLOW OVER EUROPE この写真は本文とは関係ないです。「赤色」の大気光は相当珍しい現象ですので。 ...

Copyright© In Deep , 2021 All Rights Reserved.