In Deep

地球最期のニュースと資料

*

現代の「謎の病気」は主に子どもたちに襲いかかっている : アメリカで急増する「ポリオのような麻痺性の疾患」。そして子どものハンセン病や、正体のわからない様々な疾患

   

2016年9月21日の米国UPIより

polio-like-illnessUPI

子どもの病気の流行、まして、症状が重い上に「得体のしれない病気の流行」というものが出現してくるのは、親の立場としてはイヤなものですし、親とかの立場は関係なくとも、社会的に最も大事な存在といえる子どもたちに「致命的な影響を与える」ような病気の流行はどう考えても暗澹とした気分になりやすいです。

今、アメリカで、冒頭のような「ポリオ」のような病気、つまり「手や足に重大な麻痺が残る」というような病気が「子どもたちだけに」流行し始めています。

そして、その原因は「不明」、対処法も「不明」という中、患者の数だけが増え続けているのです。

Sponsored Link


新しく出現した病気はまさにポリオ

「ポリオ」という病気は、今では日本を始め、世界的に減少している疾患ですが、感染した場合、1000〜2000人に 1人くらいが、手や足などに「麻痺」が残ることがあるという深刻なものです。

1000人に 1人の重大な後遺症というと大したことがない率に思われるかもしれないですが、風邪が流行した際には、地区の中で 1000人や 2000人の風邪にかかる人たちなどすぐ出るものですが、そのように流行する病気で「1000人に 1人程度の重大な後遺症が残る」という病気は深刻だと思います。

このポリオは幸い、ワクチン、あるいは他の理由などで、今は世界でもほとんど見られないものとなりました。2015年のポリオの野生種の感染は、Wikipedia によれば、パキスタンで 52例、アフガニスタンで 19例となっていて、他はありません。

しかし、何の病気が根絶されたとしても、同じようなものがまた出てくるのが現在の地球でもあります。

以前、

開き続けるパンドラの箱:アメリカ国立感染症研究所の感染症マップが示す、この30年間が「異常な病気の出現の時代」であったこと。そして、人類とウイルスの「歴史」が同一に見えること
 2016/02/15

という記事で、この地球の過去 30年は、それまでの歴史になかったような「新しい病気の出現の時代」であることを、アメリカ国立衛生研究所の資料をもとに記したことがありました。

new-illness-2015Washington Post

1984年以降、ドドッと世界中で新しいウイルスなどが出現してきたわけですが、それに加えて、過去記事、「西洋医療の崩壊は防げるか…」などでふれたりしていましたが、現在は「抗生物質が効かないバクテリア」が次々と現れてきているということで、西洋医学と病原体との戦いが次第に厳しいものとなりつつあるというのが現在の事実でもあります。

今回取り上げる病気も、医療機関は完全にお手上げとなっていて、治療法もわかっていません。

最近、そういうアメリカの「手足の麻痺を伴う病気の流行」についての記事を目にしたのですけれど、最初に読んだのはワシントンポストの記事で、その冒頭にある男の子の「症状の出現」の描写にややショックを受けまして、そのワシントンポストの記事の冒頭部分を抜粋翻訳します。

9月21日のワシントンポストの記事より

A mysterious polio-like illness that paralyzes people may be surging this year

7月29日の夕食前、バージニア州の3歳の男の子カーター・ロバーツは、その健康にはまったく問題ないように見えた。

その夜、彼は嘔吐した。

翌日、彼が目覚めた時に 37.2℃の微熱があり、母親のロビン・ロバーツは、子どもは風邪を引いたのだと思った。

その翌朝、彼女は、子どもが寝室の床に倒れているのを発見した。

カーターは、「ママ、ぼくを助けて、ぼくを助けて」と言う。

母親が彼を抱き上げた時、彼はかろうじて立つことができる状態で、その首は後ろに反ったままだった。

最も母親が心配に思ったことは、カーターは、右腕を自分で動かすことができなくなっていることだった。

病院に運ばれたカーターは、右腕を使えなくなった数日以内に、足や他の筋肉のコントロールを失った。

今、彼は、つま先を小刻みに動かすことと、顔を左側に動かすことだけができる。

彼は病院で急性弛緩性脊髄炎と呼ばれるポリオと似た謎の疾患と診断された。

同じような症例が現在のアメリカで急増している。

子どもに微熱が出て、軽い風邪だと思っていたら、翌日に「体が麻痺して動けなくなっている」ということのようで、どうもこう、何とも言えない怖さというのか、そういうものがあります。

現在のアメリカで、この病気にかかる子どもが増えていて、それは下の表のように、現在かなりの上昇を描いているのです。

imrs-amf-2016CDC

3歳あたりの子どもにとって、微熱、あるいは高熱は珍しいことではないわけで、子どもという存在自体が、空気中のさまざまな細菌やウイルスに対しての免疫をつけていく時期ですのが、風邪などを含めて、多くの病気にかかり熱を出していくことは必要なことだとも言えます。

しかし、こんな深刻な後遺症を伴うものだと、その考え方でいいというわけにもいかない感じもします。

何よりも、最も大きな問題は、治療法がわかっていないだけでなく、「何が原因となっているかもわかっていない」ということです。

原因がわからないということは、予防法がないわけで、どんな症状に気をつけるということもわからない。微熱が症状だとしても、微熱だけですべての子どもが病院に殺到しては、医療機関がパンクします。

何もわかっていないのです。

なので、さきほどのワシントンポストの記事にあるように、病院に運ばれたからといって、症状が改善するわけでもない。

ただ病院にいるという以外のなにものでもない。

あと、わりとショッキングな事実として、今回ご紹介する冒頭の UPI の記事によれば、2014年から始まっているこの疾病の流行の中で、 2014年に診断された子どもの場合、

「 120人のうち、完全に回復したのは 3人だけ」

というデータが示されています。他の大多数は、程度の差はあるだろうにしても、何らかの麻痺を残してしまっているという可能性が高いのです。

2014年の時点で 100人以上がこの麻痺を伴う謎の疾患にかかったことが報じられていましたが、今年は、さらに増えていく可能性もある上昇率となっています。

2015年1月28日のUSAトゥディより

polio-2014b107 children stricken by mysterious polio-like illness

そして、アメリカでは、今年になって、何度も「謎の病気」や、あるいは、小学生のハンセン病など、症状的に深刻な可能性のあるものの報道が多くなっています。

2016年9月23日のインターナショナル・ビジネスタイムズより

leprosy-case-2016Leprosy Case Confirmed In Southern California Elementary School/

2016年9月15日の米国報道より

alanama-sickensAL

最近は、妊娠した女性に関してのジカ熱などもそうですが、その影響が「不可逆」的な病気が多いような気がします。

元の状態には戻らないというか、その影響が一生に及ぶというような意味です。

今、アメリカで流行の兆しを見せている今回取り上げましたポリオのような病気もそのようなものであるようにも見えます。

いったい、この世界は子どもたちをどうしたいというのでしょうかね。

冒頭の米国 UPI の記事をご紹介します。


Cases of rare polio-like illness up sharply in 2016
UPI 2016/09/21

ポリオと似た珍しい疾患が2016年に急増している

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の職員たちは、急性弛緩性脊髄炎 / AFM の症例が突然の増加を示しているように見えることに懸念をあらわしている。

急性弛緩性脊髄炎の症例の急激な上昇は、最初は 2014年にアメリカの子どもたちのあいだにポリオのような症状の疾患が数多く見られたことに始まる。

これらの疾患に大流行の可能性があることに対して、医師たちは、この疾患に対しての理解がほとんどないことに懸念を抱く。

疾病予防管理センターによれば、これまでのところ、アメリカ全国から 32の新たな AMF (急性弛緩性脊髄炎)の症例が報告されているという。2014年には 5ヵ月間に 34の州から 120人の子どもたちが AMF と診断された。

それらの症例では AFMは、神経的症状が示される前に、発熱や呼吸器疾患として始まるように見え、そして、次第に手足の動きの麻痺につながっていく。

ほぼすべての患者が脊髄灰白質の炎症を示し、85%の子どもたちの症状は少し改善を示したように見える。 2014年に診断された子どもたち 120人のうちでは 3人が完全に回復した。

疾病予防管理センターは、2014年のデータと照らして、今年 1月以来のAFM の症例の上昇の原因を特定しようとしている。

アメリカ国立神経疾患・脳卒中研究所 (NINDS)のアヴィンドラ・ナス博士(Dr. Avindra Nath)は、ワシントンポスト紙に以下のように語る。

「このような私たちの考えを人騒がせだと怪訝に思う方々もいらっしゃるかもしれませんが、しかし、私たち医学者たちが懸念する理由は存在するのです。私たちは、これらの症例に対するさらなる情報を必要としています」

疾病予防管理センターは、2014年8月から 10月に AFM の疾患の症例の増加を受け始めたという。

AFM の具体的な原因は発見されていないが、これらの症例はウイルスによって引き起こされる疾患と似ている。

2014年の AFM の流行は、エンテロウイルス D-68 の全国的な流行と同時に発生した。そして、研究において AFM と D-68 に関係があることがわかった。

しかし、このウイルスのことはよく知られておらず、また、 D-68 に感染したすべての子どもが AFM を経験するわけではない。

コロラド大学とデンバー小児病院の神経学者であるテリー・シュライナー博士(Dr. Teri Schreiner)は、「私たちは、明らかにアメリカの全国の同僚たちから症例を聞いているのです」と言う。

「 2014年に起きたものと同様の速度で広がっているように見えており、これは気になる傾向です」

と、博士は付け加えた。