「2020年からの世界」 一覧

40年前のアメリカの小説『闇の眼』に出てきた史上最強の創造上の生物兵器は中国武漢の研究室で作られた。その兵器の名前は「武漢 - 400」

「武漢-400」という名称の生物兵器が出てくる小説『闇の眼』英語版より ・The Eyes of Darkness   米人気作家が創り出した創造上の武漢ウイルス 数日前に、海外のメディアや ...



さまざまに展開する新型コロナウイルスの治療方法。西洋医学界は「抗HIV薬+タミフル」の臨床を進め、インド政府はアーユルベーダとホメオパシーを公式に推奨

・2020年1月20日頃、中国で患者にHIV薬を投与する試験を行う医師たち medicalxpress.com   HIV薬+抗ウイルス薬の混合投与は救世主となり得るか 新型コロナウイルスの ...

「終末のような」という表現が少しも違和感のない2020年の最初の月に黒い鳥の群れと共に示されるキーワードは「パンデミックの同時進行」

・Shuguang2019   世界各地の「鳥」と「虫」 中国のエポックタイムズが「中国で起きている動物による珍しい現象は武漢コロナウイルスと関連しているのだろうか」というタイトルの記事を投 ...



周博士の異常な愛情 または私はいかにして心配するのを止めてSTINGを愛するようになったか

・nature   ウイルスに対応する細胞の驚くべき対応メカニズムを知った日 2月2日の中国グローバルタイムズは、武漢の新型コロナウイルスが、「コウモリが媒介するコロナウイルスと 96%一致 ...

強力な病原体が世界各地で発生中。アメリカでは過去最強のインフルエンザ、中国湖南省ではH5N1鳥インフルエンザ、そして「史上最強のウイルス」である可能性が見えてきた新型ウイルス

・LA Times   最強のウイルスの特性 先日、親戚のお葬式に出席しました。 105歳で大往生した方の葬儀で、悲劇性はないものです。お通夜と告別式の両方に出席したのは久しぶりでした。 日 ...



新型コロナウイルスに「HIV (エイズウイルス)」のタンパク質が挿入されていることをインド工科大学の科学者たちが発見。さらに「感染しても免疫を獲得できない示唆」を中国当局が示し、事態は新たな局面に

生物学の科学誌 BioRxiv(バイオアーカイヴ)に発表された論文より ・Uncanny similarity of unique inserts in the 2019-nCoV spike pro ...

新型コロナウイルスは、まるで1918年のスペインかぜと同じように「普通なら最も感染症に強い青年層と中年層を重症化させている」異常な感染症かもしれない

・Sandeep Shenoy   医学誌ランセットで見た奇妙な感染の年齢分布 新型ウイルスの感染者は、ほとんど指数関数的に増加していまして、歯止めが効かなくなっているように思えます。今日 ...



武漢ウイルスが出現する2ヵ月前、アメリカの科学者が「次に発生するコロナウイルスのパンデミックは《地球上の6500万人を殺す》」というシミュレーションを公表していた

・Business Insider 先ほど、以下の記事を投稿させていただいたのですが、その後、ちょっと興味深いことを知りまして、連続となりますが、記事を投稿させていただきます。 ・福祉国家スウェーデン ...

福祉国家スウェーデンの福祉が崩壊するとき

・politicalbullpen.com   崩壊の局面にあるスウェーデンの福祉構造 スウェーデンといえば、非常に高い「福祉」が設定されている国として著名であり、年金や教育、各種福祉が充実 ...



英米の科学者たちが緊急論文で発表した新型コロナウイルスの「壊滅的な感染力」と「極度に悲観的な先行き予測」。そして日本は

英米三大学の科学者たちが発表した論文にある2月4日までの新型ウイルスの予想感染者数 ・medrxiv.org   数時間で数百人ずつ増加する感染者 ちょっと新型ウイルス関係の記事が多くなって ...

新型ウイルスが発生した中国武漢は「世界で最も危険な病原体(バイオセーフティーレベル4)」を研究する施設がある場所だった。そこで沸き起こる「兵器化された病原体が流出したのではないか」という懸念

武漢のバイオ研究所の特集を組んだ2017年2月22日の科学誌ネイチャーより ・nature 2020年1月22日に武漢を調査した香港大学のSARS専門家グアン・イー教授の見解 感染拡大制御のタイミング ...



中国の出生率が建国以来最低の数値に。一人っ子政策廃止後、中国人女性たちは「さらに子どもを生まなくなっていった」

・zerohedge.com   主要国すべてが人口減少に向かう中で中国で壊滅的な出生率を記録 今から 1年ほど前、中国の出生率の低下について、以下の記事で取り上げたことがありました。 中国 ...

人から人へ感染することが確定した新型ウイルスがパンデミック化するかどうかの瀬戸際に立つ世界。「延べ30億人の中国人」が全世界に移動する春節が迫る中、感染回避の最善策を考える

・news.yahoo.co.jp   実際の感染者数は完全に未知の世界 中国の武漢という場所で発生したと考えられている、肺炎等を引き起こす可能性のある「未知の新型ウイルス」が発生して、10 ...



地球全体に広がる「永久に分解されない」フッ素化合物がアメリカで法規制されることに。しかし、これを環境から完全に除外するテクノロジーは未だに存在しない

・WIRED   地球環境全体に拡大している「毒」は永久に分解されない フッ素とその化合物については、過去にも何度か取り上げたことがあります。 今では、このフッ素化合物は、さまざまな家庭用の ...

終焉に向かうアメリカ社会 : 各種統計が示す超大国の驚くべき「病んだ数値」。しかし、冷静に考えてみれば、日本も比較的同じなのかもしれないとも

2020年1月12日 富士山の上に展開するレンズ雲と太陽ハロ ・take@tenkunofuji   今年 1月12日に、富士山で冒頭のような光景が展開されていたことを知りました。富士山の写 ...



アメリカや世界の自然災害の発生件数と経済的損失が黙示録的な増加を続けていることから予測される「2020年はさらなる覚悟の時代となる」こと

2019年10月 カリフォルニア史上最悪の森林火災の消火に向かう消防士たち ・Esquire   地球の自然災害が新たな段階に入ってきている可能性 前回は、フィリピンのタール山という火山が壊 ...

Copyright© In Deep , 2020 All Rights Reserved.