地球最期のニュースと資料

In Deep

★ メルマガに関して、「まぐまぐ大賞2019」の投票が始まりました。投票期間は12月3日までです。投票はこちらのページの「このメルマガをまぐまぐ大賞2019に推薦する」から行うことができます。メルマガ読者様でない方も投票できますので、よろしくお願いいたします。 In Deep オカ

人類の覚醒と真実 健康の真実

もっと太陽の光を浴びましょう : カナダの研究で「太陽の紫外線は腸内細菌環境に極めて良い状態を与える」ことが判明。難病の治療にも応用できる可能性

投稿日:


Public Domain




紫外線と腸内細菌の関係が判明

腸内細菌環境と健康に関しては、いろいろ記事にさせていたただくことが多いですが、先日、カナダの超名門であるブリティッシュコロンビア大学の研究で、

「太陽の紫外線が、腸内細菌の環境を変化させていることがわかった」

ということが書かれている記事を読みました。

この「変化」というのは、「良好に変化させる」ということなのですが、紫外線Aと紫外線Bのうちの、紫外線Bにその効果があることがわかったのですが、もちろん私たちが太陽に当たる時は、「紫外線Aと紫外線Bをわけて当たる」というようなことはできませんので、つまり

「太陽光に当たることにより、腸内細菌環境は良くなる」

という考え方でよろしいのだと思います。

「おもしろいな」と思います。

以前、紀元前の医師であるヒポクラテスが、「人は自然から遠ざかるほど病気に近づく」というようなことを言っていたことについて、以下の記事で取りあげたことがありますけれど、「自然の筆頭存在のひとつが太陽」ですしね。

ヒポクラテスが述べた「人は自然から遠ざかるほど病気に近づく」ことをますます示す最近の研究。しかし、自然を不潔なものとする過剰な清潔社会はさらに拡大している

 

この太陽の光にあたることで、私たち人間の「腸内環境が良くなる」というのです。これは結局、難しく考えることでもなく、

「散歩でも外でボーッとしているだけでも、太陽に当たるだけで健康増進になる」

ということでもありそうです。

人間の社会は、時代と共に、どんどん太陽があたらない生活になってきまして、そして現在の社会は、ある意味で究極的な「太陽を避けている時代」ともいえますが、あまりいい社会形態ではないのかもしれないですね。

あと、夜型の生活というのも、あまり良くないかもしれないですね。

過度に太陽に当たることは良くなくても、適度に当たることは大変に体にいいことが判明したという次第です。

ここから記事です。


How the Sun Alters Gut Microbiome: Skin UV Exposure Reflected in Poop
ineffableisland.com 2019/10/24

太陽の光がどのように腸内微生物叢を変えるのかが判明 : 皮膚への紫外線の暴露の結果は便に出る

太陽はあなたを「体の内側から輝かせる」ということは真実であるということが研究で示された。

体が太陽光を栄養のように自己吸収しているというのではなく、太陽光の紫外線に大腸の腸内細菌環境を変える効果があることがわかったのだ。。

研究者は以下のように述べる。

「最近、多発性硬化症(MS)や炎症性腸疾患(IBD)など特発性の免疫および炎症性疾患が世界的に増加しています。これは、ライフスタイルと環境の西洋化に基づく変化と関連していると考えられます」

今回の研究は、UVB (紫外線B波)への皮膚曝露がヒトの腸内微生物叢を変えることを示す最初の研究だ。 科学誌フロンティア・イン・マイクロバイオロジー(Frontiers in Microbiology)で発表されたこの研究は、ビタミンDが、腸内環境の変化を媒介することを示唆している。これは、紫外線治療における、多発性硬化症や炎症性腸疾患などの炎症性疾患における紫外線B波の保護効果の説明にもなるものだ。

この結果からは、太陽の光への曝露、ビタミンDレベル、腸内細菌の分布状況は、それぞれ多発性硬化症や炎症性腸疾患のような炎症状態のリスクと関連していることを示す。このことから、科学者たちは、この太陽光、ビタミンD、腸内細菌の3つは連鎖的に関連していると考えている。

日光の UVB への曝露は、皮膚のビタミンD産生を促進することでよく知られており、そして、最近の研究では、ビタミンDがヒトの腸内微生物叢を変えることを示唆している。

しかし、この UVB がビタミンDの生産を介して腸内微生物叢の変化を引き起こすことは、これまでげっ歯類(マウス)の研究でのみ示されていた。

今回の新しい臨床研究で、研究者たちは、ヒトの腸内微生物叢に対する皮膚への UVB 曝露の影響を初めて試験した。

健康な女性ボランティアたちに、1週間に 3回の全身 UVB 曝露セッションが与えられた。治療の前後には、腸内細菌の分析のために便サンプルが採取された。また、ビタミンDレベルの血液サンプルも採取した。

その結果、皮膚の UVB 暴露の後に、腸内微生物の多様性が大幅に増加したことが確認された。

研究を率いたカナダのブリティッシュコロンビア大学のブルース・バランス教授 (Prof. Bruce Vallance)は、以下のように言う。

「 UVB 曝露の前、研究に参加した女性たちは、通常のビタミンDサプリメントを摂取している女性たちよりも、腸内微生物叢に多様性があり、バランスも優れていました。それが、 UVB への曝露により、微生物叢の豊かさと均一性がさらに高まったのです」

UVB 紫外線に曝露後に見られた最大の変化は、ラクノスピラ科の腸内細菌の相対量の増加だった。

「以前の研究では、ラクノスピラ科の腸内細菌の豊富さは、その人のビタミンDの状態と関連づけられました。私たちの今回の研究でも、UVB 暴露後には、血中のビタミンDレベルの増加との相関関係を発見しました」

これは、ビタミンDが UVB による腸内微生物叢の変化を部分的に媒介することを示している。

また、この研究結果は、UVB 曝露後の、腸内細菌フィルミキューテスの増加や、バクテロイデスの減少など、UVBを使用したマウスの研究との一致も示した。

バランス教授は以下のように言う。

「この研究では、UVB 光が、おそらくビタミンDの合成を通じて、ヒトの腸内微生物叢の組成を調節できるという刺激的な新しいデータを示しています」

「 UVB 光への曝露は、最初は皮膚の免疫系を何らかの形で変化させ、次に全身的に変化させる可能性があり、これが腸内環境が異なる細菌にとって、非常に好ましい状態へと影響するのです」

「この研究の結果は、UVB 光線療法を受けている人々に影響を与え、多発性硬化症や炎症性腸疾患のような炎症性疾患における UVB 光曝露の保護的役割に寄与する可能性のある新しい皮膚と腸との関係を特定しています」

 


 

ここまでです。

なお、この「腸内細菌」に関してのブログ記事は、どんどん増えていまして、カテゴリーにしてもいいくらいの感じがしますが、これまでの腸内細菌に関する記事で代表的なものをいくつかリンクしておきます。

In Deepの「腸内細菌環境」と関係した過去記事

私たち人間の遺伝子情報(ゲノム)は「自らの腸内細菌によってコントロールされている」ことが判明

6000万人の日本人が花粉症である現実と、それをもたらし続ける「腸内細菌キラー」の正体。そして、花粉症の症状が「酪酸菌」で改善される可能性

抗生物質が腸内細菌を破壊する主要因だと確信した日

米シカゴ大学が乳幼児の腸内細菌を用いて食物アレルギーを改善する画期的な方法を発見。そして、キーである「酪酸菌」を用いて、日本人も誰でも食物アレルギーを飛躍的に改善できる可能性があります!

食物アレルギーと関連する「腸内細菌の種類」がついに特定される。これにより、理論的には「すべての食物アレルギーを完治させる」ことが可能に

ごく一般的な食品添加物である「二酸化チタン」が腸内細菌環境を破壊することがオーストラリアの大学の研究により判明

低カロリーあるいはノンカロリー甘味料は「腸内細菌の環境を徹底的に破壊」し、健全な人間を2週間で糖尿病へと導く可能性

「砂糖という存在の正体」の衝撃 : 単糖は「重要な腸内微生物を腸内から《消し去る働き》」を持っていたことが米国の研究で判明

盲腸は腸内細菌環境を保護する重要な器官である可能性」が臓器進化の観点から示される

他にも、いろいろとありますが、このあたりまでとさせていただきます。

人間の腸内細菌については、医学的に最も注目を集めている分野のひとつであり、今後も野心的な研究が次々と発表される可能性が高いです。

それによって、これまで治療が難しかった病気や症状が、信じられないほど簡単に良好になる可能性があるはずです。今回の記事でも、多発性硬化症や炎症性腸疾患が「紫外線によって治癒される可能性」に言及しているわけで、メンタル的な症状を含めて、治療の世界は変わっていくかもしれません。

何より私自身が、腸内環境の改善ということを実行し始めてから、数年前とは比較にならないほど非常に楽になりまして、いろいろと感謝しています。

腸内環境の改善は時間のかかるものですけれど、私もまだ今後、あるいは死ぬまで続けることになりそうです。





  • この記事を書いた人
Oka In Deep

Oka In Deep

世界で起き続ける様々なことをお伝えさせていただいています。

人気の記事

1

ハイヤンから2年…瞬間的に生まれて消えていった史上最大のハリケーン、パトリシア ▲ 2015年10月24日のデイリー・ギャラクシーより。   次々と記録を塗り替える暴風雨の勢力 つい2日ほど ...

2

戦争も経済競争もすべてを超越した「確定した衰退」が日本にも韓国にもある ・gefira.org   今日、「韓国政府が、仮想通貨の取引を全面的に禁止する草案を提出」という速報が流れていました ...

3

現行の進化論が現実的な崩壊に直面している大ニュースなのに、日本ではまったく報道されないという事実も 科学メディア Phys.org の5月28日の記事より ・Sweeping gene survey ...

4

カルデラ破局噴火のイメージ ・Newton   サイクル的にはいつ起きても不思議ではない日本のカルデラ噴火 このブログでは、過去に何度か「カルデラ噴火」というものについて書いたことがありまし ...

5

2019年8月26日の米フォーブスより ・Forbes   扇動と誤りの結果が アマゾンでの森林火災については、最近大きな話題となっていましたが、私も以下の記事で少しふれました。 地球の生物 ...

6

2019年4月23日の徳島新聞より ・100年に1度の珍現象 小松島で竹の開花   平成が終わるその年に開花し続ける神秘の植物「竹」 最近、やけに「竹の花」のニュースを目にするようになりまし ...

7

放射能をめぐる生物の多様性が示す真実はいったいどのようなものなのか ・2011年12月に米国サウスカロライナ州で「微生物が見つかった」原子力発電所の核貯蔵プール。io9.gizmodo.com 「放射 ...

-人類の覚醒と真実, 健康の真実
-, , , , , ,

Copyright© In Deep , 2019 All Rights Reserved.