地球最期のニュースと資料

In Deep

「 月別アーカイブ:2018年05月 」 一覧

巨大地震の前兆の正体がさらに明らかに : 2011年3月11日の東北の巨大地震の前に過去最大の日本列島周辺の《重力異常》が起きていたことをNASAの人工衛星が検知していた

科学誌ネイチャーに掲載された論文を紹介した米国の記事より ・temblor.net 最近は、世界中で噴火も多いですが、世界でも日本においても中規模程度の地震が続いています。そういう中で、巨大地震の懸念 ...



その後唐突に黒点数が急増する太陽。その太陽と宇宙線の関係は奇妙なままで…。そんな中で、あちこちで起きる不思議ないくつかのこと

5月21日 ノルウェー・オスロ空港の航空機内から撮影された「X」 ・spaceweather.com 5月23日 ベルギー・スコーテン上空に出現した「渦」 ・Weerstation Zoersel & ...

またしても太陽に向かう「太陽より巨大な正体不明の光」がNASAの衛星に撮影されているのですが、さてこれもまた何かわからない

2018年5月21日 午前08時00分のNASAの太陽観測機SOHOの映像より ・helioviewer.org Sponsored Link   最近、太陽系とか、太陽の周辺などの以下のよ ...



あまりにも大きな「太陽系の変化」に唖然とし……。もうすぐ「月には大気が形成され」、「太陽の縁からは1000%増加したプラズマ光がやってくる」中で、私たちはどうなるのか?

2018/05/21    , , , , ,

それは惑星Xあるいはニビルと呼ばれる曖昧な存在と関係するものなのか? 5月21日のロシアの報道メディアより ・earth-chronicles.ru 現在の天文学で考えられている「惑星X」の影響の可能 ...

春の夜のメンタルや認知症や33度線などの混沌雑記

2018/05/19    , ,

5月18日 南米チリのサンタクルス(33度)で空から降ってきた何か ・Gordo Medel Andres Becerra Penaloza 少し前に、「春の夜……。恒例のメンタル絶不調状態勃発の時に ...



「何か」が地球に向かっている? : まもなく、私たちの地球に「発生源不明の超膨大なエネルギー体」が近づくかもしれない。それは数日前に太陽を通過

5月16日のロシアのメディアより ・u-f.ru ロシアのメディアに掲載されていたNASAの太陽観測衛星SOHOの画像 ・NASA 、earth-chronicles.ru 今日ですね、ロシアのニュー ...

ハワイのキラウエア火山に対して、ついに「最高レベルの警報」が発令される。その活動はどこまで行くのかを過去の事例から想像をしてみると

キラウエア火山にコードレッドが宣告された後の5月16日のアメリカの報道より ・AJC 1969年10月10日に出現したキラウエア火山の驚くべき「溶岩ドーム」 ・USGS、Atlantic Sponso ...



春の夜……。恒例のメンタル絶不調状態勃発の時には悪と悪魔が頭と体の中で花盛り

2018/05/15    , ,

書かせていただいたこともあるかと思いますが、わたくし、春の桜の季節頃から梅雨の始まりくらいまで、唐突に絶不調になることが多いのです。 それは身体もメンタルも含めてもので、まさに「心技体(……が全部ダメ ...

キラウエア火山の噴火は「トリガー」なのか。 急激に活溌化している地球の地質の動きの中、アメリカではカリフォルニアの複数の火山に爆発的噴火の警告が。では日本は?

5月13日の英国エクスブレスの記事より ・express.co.uk Sponsored Link   まれに見る地質活動超活性化の時に 今日、冒頭のイギリスのエクスプレスの「キラウエア火山 ...



抗ガン剤の起源が化学兵器マスタードガスだったことを思っているうちに、私たちが開いた「人類と他の生物の完全絶滅への道」が一瞬で見えたような

イギリス王立がん研究基金ウェブサイトより(今回の記事で紹介するものではありません) ・Cancer Research UK 細胞分裂の阻害の「拡散」という意味を冷静に考えてみると 前回、以下の記事を書 ...

《特報》「太陽と宇宙線の関係」が観測史上初めて「崩壊」したかもしれない。そして今、太陽に勃発し続けているきわめて異常な事態とは

2018年5月10日の米メディア「ザ・ウォッチャー」の記事より ・Solar modulation of galactic cosmic ray flux on the wane? Something ...



「キリスト以来の時代で最も神の怒りや十の災いに近い」ような空の下でばかり暮らしていることをつくづく思う今

2017年3月30日 チェコ共和国の何だかもうすごい空 ・Severe Weather Europe Sponsored Link   ある意味では有史以来もっとも神々しい今という時代 聖書 ...

今夜、木星が地球に最も接近する : その中で知った「木星と金星は周期的に地球の気候に影響を与え続けてきた」という最新の研究論文。しかも、それは「2億年前以上から現在に至るまでずっと続いている」

・dogonews.com Sponsored Link   木星が最接近し、土星と火星も相次ぎ最接近する100年ぶりの事象を前に 今日(日本時間の 5月9日)、太陽と木星が地球を挟んで直線 ...



なぜ抗ガン剤で頭髪が抜けるのか……実はそのメカニズムは「わかっていない」のです。しかし化学療法の中で「毛根細胞が自死=アポトーシス」していることがわかり、これは「防御」なのかもしれないと…

アメリカの医療系サイトの記事より ・Why does chemotherapy cause hair loss? 「細胞の自死」についての医学生物学研究所のページ 細胞の死 - 死に意味はあるのか? ...

まるで黙示録の世界の始まりのようだったこの連休中の事象の中で、世界の地質とキラウエア火山の噴火を考えてみる

2018年5月4日 噴火したハワイ島のキラウエア火山 ・Jason Trask Sponsored Link   この10日間ほどの地球は「やや異様」でした。 今回はそのことに少しふれようと ...



BMJの医学論文「悪玉コレステロール値の高い人のほうが長生きだった」 : これにより世界で最も処方されているコレステロール薬スタチンが無意味か、あるいは「人の短命化に貢献している」可能性が判明

・collective-evolution.com 「心臓血管系予防のために薬物療法を用いてコレステロールを低下させることは、時間と資源の無駄以外のなにものでもない」 - アイルランド国立大学 - 医 ...

Copyright© In Deep , 2018 All Rights Reserved.