地球最期のニュースと資料

In Deep

「 月別アーカイブ:2018年01月 」 一覧

もうじき日本の海が死ぬ : 「史上最悪の原油流出」が日本の海域を直撃する予測が英国海洋センターより発令。3ヶ月以内に九州から東北までの全海域が汚染される可能性

そして、拡大が続く「日本周辺のデッドゾーン化」もさらに加速することが確実に ロイターの記事を引用した1月28日の米国ゼロヘッジより ・Asia Is About To Be Hit By The “W ...



存在しない地球温暖化に対抗するために実施が計画されている「地球の気象への人為的介入 / ジオエンジニアリング」が、さらなる超寒冷化と生態系の壊滅的破壊を招く可能性

米ハーバード大学が今年実施する「気象への介入実験」の概念図 ・HARVARD UNIVERSITY 気象操作に懸念を表する2018年1月21日の米ラトガース大学のニュースリリース ・news.rutg ...

「フェニックス」で総括されていきそうな2018年。その1月のいくつかの光景を懐かしみ、「これから」の示唆を思う

2018年1月24日 アイスランド上空に出現した「フェニックス」 ・Red Climatica Mundial 1988年のエコノミスト誌の表紙。その「仮想」通貨につけられた名称はフェニックス ・Th ...



環太平洋火山帯の目覚めの予兆 : 1月22日から25日の4日間に全世界で「13の火山が噴火」し、マグニチュード5以上の地震が23回起きていた

2018年1月22日から25日までの主要な地震と火山の噴火 ・Google MyMap 2018年1月25日 地元住民7万人が避難中のフィリピン・マヨン山の噴火の様子 ・news.mb.com.ph ...

脳の老化を構造的に止めるために : ハーバード大学が突き止めた「瞑想は脳の神経細胞を再構築」すること。そして瞑想が「脳の若さに甚大な差」をもたらすことも判明

ハーバード大学の研究を報じたメディア記事 ・Harvard MRI Study Shows Meditation Rebuilds Brain’s Grey Matter in 8 Weeks 上の記 ...



地球内部から「次々と噴き出してくる熱」は何を意味しているのか

極地の氷が次々と不明の熱源によって溶かされる中で「地球が寒冷化したとしても海面は上昇していく」未来   2018年1月22日の米ニューズウィークの報道より ・newsweek.com 201 ...

3000年ぶりの本白根山の噴火、あるいは5000年ぶりの御嶽山の噴火を貫く「日本の神話」と国之常立神。では次は?

  今日、群馬県にある本白根山という火山が噴火しました。 あまり聞いたことがないなと思っていたら、それは、この火山が「現代人類史の中では噴火したことがない火山」だったためでした。 3000年 ...



「2017年は最も暑い年だった」というニュースが世界で配信された直後に、発信元のニューヨークタイムズの報道が「フェイクニュース」だと喝破される事案が発生

フェイクニュースと喝破された米ニューヨークタイムズの2018年1月18日の記事 ・nytimes.com Sponsored Link   私は関東の首都圏のはずれあたりに住んでいますが、今 ...

トランプ氏の大統領就任1周年記念の日から始まったアメリカ「政府閉鎖」。その実質的影響は?

・bloomberg.com 「政府は閉鎖されました」と書かれたポスターが貼られ自由の女神像も閉鎖 ・NY Daily News Sponsored Link   政府閉鎖で実際に起きること ...



150年ぶりに「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が出現する : 前回の1866年は江戸時代が消える日本の近代史上最大の転換点の時だった

  今月の末に、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」という現象というのか、そういう状態があることを知りました。 そのことを書こうとは思ったのですが、それについて調べているうちに、次第に何だか ...

「歴史上初めて1ヶ月間1度も太陽が出なかったロシアの12月」や、「アメリカの《新しい安息地》にマグニチュード2.0の地震を発生させた火球」が示唆するかもしれない2018年

2018年1月17日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru 2018年1月16日のアメリカの報道より ・nbc15.com Sponsored Link   その一年の計はどこに 最近 ...



私たち人間の遺伝子情報(ゲノム)は「自らの腸内細菌によってコントロールされている」ことが判明

そこから思う、感染症やガンや認知症の著しい増加の理由の原因のひとつは、抗生物質と超除菌の濫用社会での「腸内細菌の崩壊」なのかもしれないこと   2018年1月11日のアメリカの科学メディア報 ...

松果体の石灰化を防げ : 認知症を避けるための最低限の準備のひとつは松果体を守ること

・scottjeffrey.com ・Pineal Gland Sponsored Link   最近、アメリカのトランプ大統領について、とても簡単にいえば「認知症なのではないか」というよう ...



異常気象原因とはまた違う、やや不可思議な2018年はじめの世界の光景

2018/01/13    , , , ,

それらは偶然かもしれないし偶然ではないかもしれないし 2018年1月1日 クロアチア・フヴァル島の何となく示唆的な落雷 ・Facebook ・Facebook 2018年は、年の初めからどちらかという ...

韓国という国が消える時 : 日本と同じともいえる「避けることのできない壊滅的な人口崩壊が始まった」ことについてヨーロッパの政治統計サイトが詳細を解説

2018/01/12    , , , ,

・gefira.org Sponsored Link   戦争も経済競争もすべてを超越した「確定した衰退」が日本にも韓国にもある 今日、「韓国政府が、仮想通貨の取引を全面的に禁止する草案を提 ...



イスラエルの宗教指導者に「救世主」と呼ばれたトランプ大統領政権下の1年目のアメリカの自然災害の被害は「建国史上最悪」であることが NOAA の発表で判明

・UNION OF CONCERNED SCIENTISTS Sponsored Link ごくたまに記事をご紹介することのあるイスラエルの保守系メデイアの昨日の報道に以下のようなものがありました。あ ...

Copyright© In Deep , 2018 All Rights Reserved.