In Deep

地球最期のニュースと資料

*

「 未来の地球 」 一覧

地球の気流の崩壊がまたしても… : ヨーロッパ上空のジェット気流の速度がカテゴリー5のハリケーン以上の時速300キロにまで加速していたことが判明

2017年10月15日のヨーロッパ上空のジェット気流の速度 ・pivotal weather Sponsored Link   本格的に地球の上層大気が「壊れて」きている 地球の天候状況が、 …

AD



史上初めての場所に誕生し、史上初めてのコースを取る記録づくめのハリケーン「オフィーリア」。それは地球の海と大気の大規模な変化の象徴そのものであり、自分が死にゆくことを知らない者の象徴でもあり

2017年10月14日の報道より ・livescience.com 通常と真逆に進むハリケーン・オフィーリアの予想進路 ・hurricane ophelia path 10月12日に、大西洋で発生した …

ぼくたちの失敗・・・の時代を多方面で自覚する今、「私たちは嘘の中で生きている」と題された2600万回再生された、まだ失敗していない若者の動画を内容を書き出してみる

Sponsored Link   個人的な失敗と「人類の失敗」を目の当たりにする中で 今回の記事のタイトルに使った「ぼくたちの失敗」というのは、日本のシンガーソングライター森田童子さんの 1 …

天と地はお互いに怒りを演じ…… : メキシコ、あるいは環太平洋火山帯で常識外れの広範囲の活動が続く中、空はさらに「狂った」様相へと

9月24日 メキシコのサン・クリストバルに立ち昇った核戦争じみた雲 ・Jsp Alvarez 最近の「空の異常な迫力」について、たまに取りあげることがありますが、ここにきて「その迫力極まれり」といった …

環太平洋火山帯の驚異的な地震の連続の中で「しかしこれが懸念すべき地震の時代ではない」という意味…… : ローマ帝国時代に40日間強震が続き人口の70%が死亡した終末の地震を考える

9月22日の米国Voxより ・Vox メキシコでM7.1の地震があった同じ日の世界でのM5以上の地震 ・USGS Sponsored Link   地震がとても多くなっていまして、特にメキシ …

AD



光が勝つか、ドクロが勝つか : そんな「毎日がアルマゲドン」の時代の今年9月23日の終末はきっと来ないけれど、もうすでに来ているような気もして

9月18日 メキシコ地震の前日に震源近くに出現して多くの人に目撃された光 ・deZabedrosky Sponsored Link   この数日、英米において、娯楽メディアは当然のことながら …

ドクロ顔のハリケーン「マリア」が刻む無慈悲な進路。そして何もかも変わろうとしている地球がそこに浮かび上がる

アメリカとカリブ海の地域は、「ハービー」と「イルマ」のふたつの大きなハリケーンの被害を受けた直後ですが、見た目でいえば「本命」らしきハリケーンが、同じようなルートに乗ってきました。現在、最高勢力のカテ …

加速する「何か」: 8月を上回る大災害の発生ペースに、地球は「変化の入口にすでに入っている」ことを実感させてくれる9月

Sponsored Link   前回の記事「太陽と人間と地球の間に存在する永遠のシンクロ…」の冒頭で、「報道疲れ」という言葉を使ったのですが、思えば、それだけこの1〜2週間というのは、非常 …

完全な洪水の時代へと : テキサスは圧倒的なカタストロフに。そして世界各地でも同時多発的な黙示録的な被害を伴う大洪水が拡大

2017年8月28日の米国報道より ・thehill.com テキサス州ヒューストンの道路 8月27日 ・youtube.com 南インドの豪雨の死者数について報じる8月24日の台湾の英字新聞 ・At …

どの動物が最も人を殺しているか

・gatesnotes.com   最近、「 2015年の1年間で、動物によって殺された人間の数とその内訳」に関しての資料を見ました。 初めて見たものでしたが、興味深いといえば興味深いもので …

海はさらに死に続けている : 拡大が止まらない米国メキシコ湾の死の海域「デッドゾーン」が過去最大の面積に。そして原油流出の年に発せられていた専門家たちの警告を思い出す

2017年8月2日の報道より ・gulfhypoxia.net アメリカ南部の海域に広がるメキシコ湾は、もともとは豊富な海洋生物たちのパラダイスでしたが、2010年にこのメキシコ湾で大規模な原油流出( …

ふと気づくと「虫がいない世界」に生きている(その原因はネオニコチノイドではなく私たちの生き方そのものだとしみじみ思うこの夏)

英国ガーディアンの記事より ・Guardian 先日、とても短い期間ですが、帰省しました。 私の実家は北海道にあります。 実家のある場所そのものは大自然云々というような場所ではないですが、少し移動すれ …

ブラジルに出現したジーザスを見ながら、世界の富裕層たちが信じている「終末の世界地図」をも見てみよう

2017年7月20日 ブラジル・オリシミナの空に出現した雲 ・Red Climatica Mundial 2017年6月10日の経済誌フォーブスの記事 ・forbes.com Sponsored Li …

日本人科学者たちにより発見された「なぜ生存できているのかこれまでの常識では説明がつかない」エイリアン的な「地球内生命体」

生命を維持するための遺伝子がない生物の遺伝子 ・海洋研究開発機構 プレスリリース 数日前、日本の国立研究開発法人「海洋研究開発機構」が、非常に興味深いプレスリリースを発表していました。どういうものかと …

2017年上半期の地球の黙示録的光景

右サイドに「黙示録的な今日の1枚」というコーナーがあります。基本的には毎日更新しているのですが、日々それなりに真剣に1枚を探しているわりには、それらの写真は毎日と共にどんどん過ぎて消えていき、後に残り …

地球老年期の終わりを越えて : 人類史上初めてとなる壊滅的な「世界の人口統計的時限爆弾」をグラフで見てみる

・VISUAL CAPITALIST 世界のさまざまな状況や予測をグラフ化し提示してくれるサイト「ビジュアル・キャピタリスト」に、少し前、「人口統計的な時限爆弾」というタイトルの記事がありました。 こ …